メニュー 蕭寥亭 検索

RONNIE LANE

4. Etc

 引き続き「追悼シリーズ」から、こちらではライブ・アルバム以外を取り上げます。マニアックなものもありますがそれはそれで質が高く、制作側の良心的な姿勢には頭が下がります。

 また、一連の「追悼シリーズ」が発表されてから十数年、2017年に Small Faces 結成前に Ronnie が所属していたバンド The Outcasts の音源が発掘され、2019年には未発表曲多数を含むCDボックスセットが発売されました。そちらも取り上げます。

Kuschty Rye - The Singles 1973-1980

Kuschty Rye - The Singles 1973-1980
Ronnie Lane (1997)
  1. How Come
  2. Tell Everyone
  3. Done This One Before
  4. The Poacher
  5. Bye & Bye (Gonna See The King)
  6. Roll On Babe
  7. Anymore For Anymore
  8. What Went Down (That Night With You)
  9. Lovely
  10. Brother Can You Spare A Dime
  11. Ain't No Lady
  12. Don't Try And Change My Mind
  13. Well, Well Hello (The Party)
  14. Kuschty Rye
  15. You're So Right
  16. One Step
  17. Lad's Got Money
  18. Stone <Live>
  19. Sweet Virginia <Live>

 1973~1980年にかけて発売された Ronnie のシングルA・B両面の曲を集めた、実にありがたい編集盤(最後のライブ2曲はオマケ)。

 個人的にはオリジナル・アルバム未収録の曲( "How Come"・"Done This One Before"・"What Went Down (That Night With You)"・"Lovely"・"Brother Can You Spare A Dime"・"Well, Well Hello (The Party)" )が含まれているのがうれしいところですが、この期間の作品がバランスよく収録されているので、ベスト盤・入門編的な1枚として Ronnie Lane 未聴の方にもお奨めできるかと思います。

 そして、さすがは Ronnie さん、B面といえども駄曲は一切ありません。"Lovely" なんか、まさにラブリー、カワイイ感じです。カバーの "Brother Can You Spare A Dime" はアメリカ・大恐慌時代の曲で、ドキュメンタリー映画用に収録されたんだとか。題が変更されていていますが "Well, Well Hello (The Party)" は Faces "A Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse" に入っていた "Last Orders Please" の再演です。

Tin & Tambourine

Tin & Tambourine
Ronnie Lane (1998)
  1. Give Me A Penny
  2. Tin & Tambourine
  3. You Never Can Tell
  4. A Little Piece Of Nothing
  5. Winning With Women
  6. Rat's Tails
  7. Only You
  8. Three Cool Cats
  9. Richmond
  10. You're So Rude
  11. From The Late To The Early
  12. How Come?
  13. Joyride (Steppin' & Reelin')
  14. Nobody's Listening
  15. One For The Road
  16. Innocence Lost

 こちらは未発表曲・別バージョン集です。未完成状態の曲も含まれているということで、オリジナル・アルバムを一通り聴いたファン向け、ということになるのでしょうが、それでいながら聴き応えのある作品集に仕上がっています。

 わたしは大好きな "Give Me A Penny" の素敵な別バージョンが聴けるだけでもうれしいです。Song List の 5 ~ 8 は未完に終わったアルバム "Self Tapper" 制作時のもので、"Rat's Tails" は別の題 "Catmelody" で "Rough Mix" に、"Winning With Women" と "Only You" は "See Me" に別バージョンが収録されています。"Three Cool Cats" はアメリカの R&B グループ The Coasters 1959年の曲で The Beatles(!)や Ry Cooder(!)もカバーしています。13 ~ 16 は "One For The Road" のリハーサル・レコーディング中の様子が収録されたもので、まだまだこれから仕上げていくという段階のものですが、当時の現場の雰囲気がわかります。Ronnie が指示を出しているところや冗談を言っているところがそのまま入っていまして、英語がわからないのが残念です・・・。

Lucky Seven

Lucky Seven
Ronnie Lane (1998)
  1. Around The World
  2. Last Night
  3. Annie Had A Baby
  4. Some Day
  5. Walk On By
  6. Ron's Take
  7. Charlie's Take

 アルバム "Self Tapper" 制作のためにレコーディングされた曲を集めたもの。"Self Tapper" は "One For The Road" に続くアルバムとして1977年に制作が開始されていながら Ronnie が多発性硬化症を発病したため(レコード会社との契約にこぎつけなかったためとも)、未完に終わってしまいました。Slim Chance もこの時点で解散してしまったそうです。

 曲数は少ないですし、どの曲もまだ完成はしていない状態ということで、ここまでご紹介してきたアルバムの中では最もお薦めしにくいものとなっております。購入するなら一番後かな・・・。

 とはいえ、ファンにとっては上記 "Tin & Tambourine" 収録曲と併せてこの頃の Ronnie がどんな音楽を目指していたのか知ることができる貴重な1枚です。

 なお、"Annie Had A Baby" とカバーの "Walk On By" については、これとは別にライブ・バージョンがあります。

April Fool

April Fool
Ronnie Lane (1999)

<Disc 1>

  1. Song Of A Baker
  2. Itchycoo Park
  3. Lazy Sunday
  4. Richmond
  5. Tonight's Number
  6. How Come
  7. Ooh La La
  8. The Poacher
  9. Give Me A Penny
  10. One For The Road
  11. Harvest Home
  12. April Fool
  13. Barcelona
  14. Kuschty Rye
  15. You're So Rude
  16. Send It To NATO
  17. Debris

<Disc 2>

  1. Stone
  2. (Green's) Chicken
  3. Anymore For Anymore
  4. What Went Down (That Night With You)
  5. Innocence Lost

 アルバム名はもちろん Ronnie の誕生日 からとられたもの。同名の曲( "Rough Mix" 収録)もあります。

 Small Faces の頃から Majic Mijits に至るまで、バンド時代、ソロ、共同制作をとりまぜてほぼ年代順に Ronnie の作品を追った選集で、Ronnie Lane の歩んできた道程を俯瞰する内容となっています。

 しかもオリジナル・アルバムとは別のバージョンを中心にした選曲で、ただ単純に代表曲を拾っただけのベスト盤にはしないあたり、一味違います。さらに "Harvest Home" など他の編集盤にも収録されていないバージョンが入っており、まさに至れり尽くせり。その分、ややマニアックというのも否定できませんが(笑)。

 こういう並びだと、まず気がつくのが Small Faces 時代の曲とそれ以降の曲との感触の違いが際立って感じられます。火の玉ボーカル・Steve Marriott との共同作業だったというところが大きいのでしょうが、Ronnie がボーカルをとる "Song Of A Baker" でも後年の印象とは異なります。やっぱり若い時はね(笑)。

 それとやっぱり Ronnie ならではのメロディ。じんわりしみる心地よさ。

 反面、歌・演奏ともに即効性ある強烈な印象(特に世間一般の大多数に対して)に欠ける点は否めません。でも、本人、そういうのはもういいと思っていたのではないでしょうか。二十歳そこそこの Small Faces 時代に早くも成功を手に入れた人ですから。

 しかし、考えてみると Small Faces でのデビューから Majic Mijits までは、わずか15年。音楽活動自体はその後も継続していたものの、レコードは出せなくなってしまいました( Majic Mijits も制作後、陽の目を見たのは Ronnie の死後)。もっと聴きたかったな・・・。

Ronnie Lane & The Outcasts (Live)

Ronnie Lane & The Outcasts (Live)
Ronnie Lane & The Outcasts (2017)
  1. Before you Accuse Me
  2. As I Was Walkin'
  3. mod blues tune
  4. mezmerizing tune
  5. mezmerizing tune take 2
  6. That's What I Want

 こちらはやや特殊なブツでございます。

 Small Faces でデビューする前の Ronnie と Kenney Jones が所属していたバンド、The Outcasts のものですね。2018年6月現在、CDはないようで、MP3 で販売されているようです。

 今回の販売にあたっての名義は Ronnie Lane & The Outcasts となっていますが、本来は単に The Outcasts だったのではないかと思われますが・・・。

 察するに Ronnie の伝記 発売に合わせて公開されたようです。

  ウェブサイト Ronnie Lane によりますと、The Outcasts のメンバーだった George Cambridge という人が持っていたリハーサルのテープ録音が音源だそうです。6曲入り12分弱。もともと公開するつもりのものではなかったでしょう。なので音質はかなり悪いです。

 曲名も同サイトの情報によっています。1曲目(おそらく Bo Diddley の "Before You Accuse Me" とのこと)、2曲目は Ronnie が歌っています! 伴奏はギター・ハモニカだけ。ブルースで、後年の Small Faces とはだいぶ印象が異なります。ただ、Ronnie の声、歌い方はこの頃から同じですね。3曲目は2曲目と同じですが、歌なしです。4曲目、5曲目はどうやらオリジナル( Ronnie が Terry Newman という人と共作したとされる)の "Don't Talk To Me Of Love" のようです。4曲目は Ronnie が歌っているのかな? 5曲目は他の人。6曲目でやっとドラムが入り、バンドらしい演奏が聴けます。

 The Outcasts は当時のロンドンには数多存在していたアマチュアバンドの一つに過ぎず、本作の内容もそれらの水準を超えるものではないです。Small Faces の前身バンドという付加価値がなければ日の目を見ることもなかったはず。よって一般の方がわざわざ手を出す必要があるものだとは思えません。完全にコレクターアイテムですね。「そう言われても聴きたいんだ!」と思ってしまう人向けです。

Just For A Moment (Music 1973-1997)​

Just For A Moment (Music 1973-1997)​
Ronnie Lane (2019)

<Disc 1> Anymore For Anymore + Extras

  1. Careless Love
  2. Don't You Cry For Me
  3. (Bye & Bye) Gonna See The King
  4. Silk Stockings
  5. The Poacher
  6. Roll On Babe
  7. Tell Everyone
  8. Amelia Earhardt's Last Flight
  9. Anymore For Anymore
  10. Only A Bird In A Gilded Cage
  11. Chicken Wired
  12. How Come <Single A-Side>
  13. Done This One Before <Single B-Side>
  14. From The Late to the Early <From "Mahoney's Last Stand">
  15. Just For A Moment <From "Mahoney's Last Stand">
  16. How Come <Alternate Studio Take>
  17. Ooh La La <BBC John Peel Session 1973>
  18. Debris <BBC In Concert 1974>
  19. Flags and Banners <Live at the Thames Hotel 1973>
  20. Last Orders <Live At The Thames Hotel 1973>
  21. I'll Fly Away <From "Mahoney's Last Stand">

<Disc 2> Ronnie Lane's Slim Chance + Extras

  1. Little Piece Of Nothing
  2. Stone
  3. Bottle Of Brandy
  4. Street Gang
  5. Anniversary
  6. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
  7. I'm Just A Country Boy
  8. Ain't No Lady
  9. Blue Monday
  10. Give Me A Penny
  11. You Never Can Tell
  12. Tin And Tambourine
  13. Single Saddle
  14. Brother Can You Spare A Dime? <Island Single A-Side>
  15. What Went Down (That Night With You) <Island Single A-Side>
  16. Lovely <Island Single B-Side>
  17. Roll on Babe <BBC Live In Concert 1974>
  18. Sweet Virginia <BBC John Peel Session 1974>
  19. Walk on By <BBC Live In Concert 1976>
  20. You're so Rude <Live at the Victoria Palace 1975>
  21. From The Late To The Early (Lost) / How Come <Live at the Victoria Palace 1975>
  22. What Went Down (That Night With You) <Island Single Outtake>

<Disc 3> One For The Road + Extras

  1. Don't Try'n' Change My Mind
  2. 32nd Street
  3. Snake
  4. Burnin' Summer
  5. One For The Road
  6. Steppin' An' Reelin' (The Wedding)
  7. Harvest Home
  8. Nobody's Listenin'
  9. G' Morning
  10. April Fool
  11. Annie
  12. Nowhere to Run
  13. Silly Little Man
  14. Catmelody
  15. Last Orders (Well Well Hello, Slow Version) <Fishpool Sessions>
  16. Lonely <Fishpool Sessions>
  17. Under My Nose <Fishpool Sessions>
  18. Feeling Like A Lion <Fishpool Sessions>
  19. Going West <Fishpool Sessions>

<Disc 4> See Me + Extras

  1. One Step
  2. Good Ol' Boys Boogie
  3. Lad's Got Money
  4. She's Leaving
  5. Barcelona
  6. Kuschty Rye
  7. Don't Tell Me Now
  8. You're So Right
  9. Only You
  10. Winning With Women
  11. Way Up Yonder
  12. Three Cool Cats <See Me Outake>
  13. The Wanderer <The R 'n' B Sessions>
  14. Rocket '69 <The R 'n' B Sessions>
  15. The Joint Is Jumpin' <The R 'n' B Sessions>
  16. Annie Had A Baby <The R 'n' B Sessions>
  17. Pisshead Blues <Fishpool Sessions>
  18. Barcelona <Demo>
  19. Three Cool Cats <Demo>

<Disc 5> Live + Odds 'N' Ends

  1. Rats Tales (Catmelody) <Live at Rockpalast 1980>
  2. Flags and Banners <Live at Rockpalast 1980>
  3. Annie Had A Baby <Live at Rockpalast 1980>
  4. How Come <Live at Rockpalast 1980>
  5. You're So Rude <Live at Rockpalast 1980>
  6. Lad's Got Money <Live at Rockpalast 1980>
  7. Kuschty Rye <Live at Rockpalast 1980>
  8. Man Smart, Women Smarter <Live at Rockpalast 1980>
  9. Debris (Ronnie Lane's Big Dipper) <Live on Capital Radio 1981>
  10. Around The World (Grow Too Old) <Fishpool Sessions 1977>
  11. Last Night <Fishpool Sessions 1977>
  12. All Or Nothing <BBC John Peel Session 1976>
  13. Bombers Moon <The Merton Sessions 1981>
  14. Last Tango In Nato <The Merton Sessions 1981>
  15. Silly Little Man <Fishpool Sessions>
  16. She's Leaving (I Can Hear Her Singing) <Demo>
  17. Lovely <Outtake>
  18. Rats Tales (Catmelody) <Fishpool Sessions>

<Disc 6> The US Years

  1. Ooh La la <Live in Austin 1988>
  2. Rio Grande <Live in Austin 1988>
  3. Nowhere To Run <Live on KLBJ 1987>
  4. Annie <Live on KLBJ 1987>
  5. Buddy Can You Apare A Dime? <Live on KLBJ 1989>
  6. You're So Rude <Live on KUT 1988>
  7. Dirty Rice (Featuring The Tremors with Bobby Keys) <Live at The Back Room 1987>
  8. Winning With Women <;Live on KUT 1988>
  9. Ooh La la (Featuring The Tremors with Bobby Keys) <Live at The Back Room 1987>
  10. Don't Try 'n' Change My Mind <Live in Japan 1990>
  11. Glad And Sorry <Live in Japan 1990>
  12. Just For A Moment <Live in Japan 1990>
  13. Spiritual Babe <Houston Demo>
  14. King of the Lazy World <Studio Sessions 1992>
  15. Peaches <Arlyn Studio Sessions 1989>
  16. Sally Anne <Arlyn Studio Sessions 1989>
  17. Spiritual Babe <Arlyn Studio Sessions 1989>
  18. Hearts of Oak <Arlyn Studio Sessions 1989>
  19. Strongbear's Daughter <Arlyn Studio Sessions 1989>

 2019年、突如として Ronnie Lane の新CD6枚組ボックスセット(118曲収録)、登場! いったいどうしたことでしょう? 2017年には伝記が発売されたり、再結成 Slim Chance の活動も続いているし、海の向こうでは密かに Ronnie 人気が盛り上がってきているとか? そうだとうれしいな。

 内容は オリジナルアルバム4作 の他、シングル、共同名義、ライブ演奏に加えて、アウトテイク・未完成作品多数。「みんな、買ってね!」と言いたいところなんですが、発売後すぐに完売状態(わたしも某ネットショップで発売前に予約してたのに、発売日後に「入手できませんでした」とか言われて真っ青に。なんとか他のサイトで確保しましたが・・・)。ボックスセットだけに再発売は難しいだろうし、う〜ん。

 このボックスセットが初出となる演奏も多数含まれています。英国では Ronnie のお兄さんの家の納屋からテープが見つかり、米国では1989年のスタジオセッションが2017年になってこのボックスセットの計画が浮上してようやく陽の目をみることになりました。

 伝説の日本公演も3曲収録されています! 客席のラジカセで録ったような音質(今まで未発表だったのもある程度納得)なのは残念ですが、Mac も一緒だしなぁ、行けなかった者としては出してくれてうれしいです。

 写真にディスコグラフィー、 Ronnie の活動経歴を概観する解説など資料も充実。

 これだけの量を一気に聴くのはさすがに初めてでしたが、改めて良い曲がたくさんあるなぁと実感。解説ではかつての Slim Chance のメンバーが「歌手としてもパフォーマーとしても秀れていたが、それ以上に Ronnie はソングライターとして傑出していた」と言うのが実感できます。お気楽そうにみえて、実に丁寧に工夫して音楽を作っていたことも。