メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

昨日の行楽

 緊急事態宣言も解除となり、新型コロナの感染状況もどうやら落ち着いたようですし、さすがに謹慎状態にはうんざりで、そろそろお出かけしたくなりました。とはいえ、人混みは避けたいところですんで、平日の昨日、久しぶりにランドナーを出して東京都府中市まで行ってきました。自宅から40kmほど。目的はコレ。

府中市美術館:「開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」

 観る前に、8時前に家を出発して着いたのは11時過ぎで、すっかりお腹が空いていたので館内のカフェで昼食。

手ごねハンバーグのランチ

 手ごねハンバーグのランチです。ご飯は玄米で大盛です。さほど大盛ではないなと思ったのですが、周囲は女性ばかり、客層に対応した大盛なのですね。美味しかったです。

 食べ終わって、さて本題へ、というところで、なんと、

本日無料観覧日です

でした。むう、日ごろの行いの良さが効いたのか。無料期間は10月10日までだそうです。

 市の美術館ですのでそれほど規模が大きいものではなく、1時間少々で見て回れるこじんまりとした展覧会ですが、なかなか充実した内容で楽しかったです。平日なので比較的空いていてじっくり観られましたし。

 まず、お出ましなのが伊藤若冲の「象と鯨図屛風」、これはけっこう有名ではないですかね。上田公長の「雪中熊図」、江戸時代の日本画でクマって珍しいような気がしますが、なかなか質感が写実的。これに対して、虎の絵は複数展示があったのですが、どれもなんかウソっぽいというか変な虎になってしまっています。日本にはいなかったからか、架空の動物っぽい描き方。

 動物が描かれた西洋画も展示されていまして、日本画との描き方の違いがよくわかります。

 遠藤曰人「蛙の相撲図」のおトボケ感や鍬形蕙斎「鳥獣略画式」のマンガっぽいところが好き。

 一部で注目されているという徳川家光(江戸幕府三代将軍その人です)の動物画は、なるほど独特の味わいがあります。江戸幕府全盛期の将軍という肩書とは裏腹の、情けないというか頼りないというか、そんなたたずまいが、むしろ孤高で唯一無二、という評価もできるかもしれないけど、どうなんだろ、コレ、とも言いたくなるような、ああ。

 陽の高いうちに帰途につきました。きれいに晴れ、10月とは思えぬ暖かさで半袖Tシャツ一枚でちょうと良い心地、でも夏のようなきつい陽射しはなく、気分良く走れました。

 もっとも往復で80km超、運動不足がたたって終盤はちょっと厳しかったですが、その疲れともども「オレ、生きてるわぁ」という不思議な実感が収穫になりました。

今日の行楽

新江ノ島水族館

 また、遊びに行ってきました。今日は江ノ島へ。

 まずは新江ノ島水族館です。

新江ノ島水族館から見た富士山

 横浜から自転車で行きました。行楽日和。館内から富士山が見えました。

新江ノ島水族館・クラゲ

 クラゲとか、


新江ノ島水族館・チンアナゴ

チンアナゴとか、

新江ノ島水族館・カクレクマノミ

カクレクマノミとか、

新江ノ島水族館・イルカ

イルカとか、


新江ノ島水族館・ウミガメ

ウミガメとか、

新江ノ島水族館・カピバラ

カピバラとか(ん?)、

新江ノ島水族館・

コツメカワウソとか、やっぱり水族館は楽しいです。今日は平日ですが、日曜と祝日に挟まれているので親御さんが有給とって連休にしたのか、学齢前のおチビたちがたくさん来てました。

江ノ島から鎌倉方面を臨む

その後、江ノ島に行きまして、釜揚げシラス丼を食べて(禁漁期だそうで生シラスはありませんでした、残念)江島神社に行きました。八臂弁財天(服着てらっしゃる方)は鎌倉期の作らしく、キリッとした美形でした。

江ノ島のタイワンリス

河津桜が咲いていて、タイワンリスや

江ノ島のヒヨドリ(?)

ヒヨドリ(?)や

江ノ島のメジロ

メジロが蜜を吸いに来たのか、樹上を忙しく動き回っていました。

今日の行楽

よこはま動物園ズーラシア・入口付近

 今季最強の寒波がやってきているというのに、何を思ったのか、動物園に行ってきました。よこはま動物園ズーラシアです。

 同じ横浜市でもこじんまりとしていた野毛山動物園とは違い、広々としていて、午前11時頃に入園したのにのんびり観ていたら出たのは終了時刻が間近に迫った午後4時。かなり歩いて疲れました。

 真冬の平日ということでお客さんはまばら。動物園的にもシーズンオフってことなのか、展示お休み中の動物も多かったです。たしかに熱帯の動物には酷な時季ですしね。

 それでも展示されている動物の種類は豊富で楽しめました。

 入口近くのインドゾウはタイミングよくお食事時間でした。

よこはま動物園ズーラシア・インドゾウ

 コウノトリご夫婦はちょうど営巣の時季なんだそうで、巣材用の木の枝をいっしょうけんめい探しておられました。

よこはま動物園ズーラシア・コウノトリご夫婦

 ミーアキャットも餌やりが観られました。飼育員さんの足元に集まり飛び跳ねてあわよくばエサを先取りしようとしたり、突然の物音に一列になって警戒監視の様子を見せたり、RPGに集団で出てくるキャラみたい。もしもし、君たち。なんか変だよ?

よこはま動物園ズーラシア・ミーアキャット集団

 驚いたのはチーターがシマウマやキリンと同じ柵の中にいたこと。「食べちゃうんじゃ?」と思ったんですが、チーターは自分より大きい動物は襲わないのでだいじょうぶなんだそうです。すぐそこでこちらを気にする様子もなく、水を飲んでました。

よこはま動物園ズーラシア・チーター

 その他いろいろ。

 寒かったけど、楽しかったです。

一昨日の行楽

 日曜日(9月16日)はサッカー観に行こうと思って、なでしこリーグの日程表を確認したら、「ひたちなか市総合運動公園陸上競技場」という聞き慣れない場所でベレーザとノジマステラの試合が組まれていました。

 ベレーザは東京、ノジマステラは神奈川がホームなので、「妙なとこで試合やるのね」とひたちなか市の地図を見ていたら、となり町の大洗町に水族館のアクアワールド大洗があることに気づき、ひたちなか海浜鉄道というローカル鉄道にも心ひかれて、つい茨城まで行ってまいりました。

 試合は16時からということなんで、午前中に水族館を見てこようとがんばって朝4時起き。東武伊勢崎線から常磐線に乗り継いで8時前に勝田駅に到着。ここでひたちなか海浜鉄道湊線に乗り換え。

ひたちなか海浜鉄道のフリー切符

 ひたちなか海浜鉄道の勝田駅に同居しており、JRのホームとの間に中間改札と切符売り場がありました。終点まで往復するなら安くつくというのでフリー切符を買ってみました。

ひたちなか海浜鉄道のディーゼルカー

 待つこともなく1両だけのディーゼルカーがやってきまして、折り返し。乗客は十数人くらい。定刻8時8分発。

那珂湊駅・1 那珂湊駅・2

 田園地帯を抜け、15分ほどで沿線の中心駅らしい那珂湊駅に到着。この駅で電動アシスト付き自転車が借りられる(1日千円)というので、それでアクアワールド大洗へ行こうと下車。

那珂湊駅で借りた電動アシスト付き自転車

 自転車は駅の外ではなく、改札の中に並べられていました。駅員さんに声をかけて1台借り、ついでに1割引になるというのでアクアワールド大洗の入場券も買い、出発。

海門橋から見た海

 駅から7,8分で市町境の那珂川を海門橋で渡り、さらに数分でアクアワールド大洗に到着。いや、千円はちょっとお高い感じもしたのですが、電動アシスト付き自転車は便利です。那珂湊駅からアクアワールド大洗へはバスも出ているのですが、本数は少ないし、といって徒歩で行くには少し距離もあるところなので自転車だとちょうどいいです。那珂湊駅から行くならオススメです。

アクアワールド大洗・1

 9時ぐらいに着きました。ちょうど開館の時刻。連休中とはいえ朝一なら空いているだろうと思っていたのですが・・・、甘かったです。高校生の団体が来てたりしまして、けっこうな混みよう。おかげでイルカショーは毎回開演前に満席で、見られませんでした。

アクアワールド大洗・2

 おまけに4時起きがたたって、いた時間の半分はベンチで寝ていたという・・・。でも、展示は充実していて満足。エトピリカ、かわいかったしね。

アクアワールド大洗から見た海

 お昼に外へ出ると、駐車場は満車状態で行列作ってました。その脇を抜けて海岸沿いを港方面へ。途中、大洗磯前神社の前を通りかかったので参拝。平安初期の創建ですと。

大洗磯前神社

 さらに進んでめんたいパークという謎の施設に行き、明太子のジャンボおにぎりで昼食。そこからひたちなか市へ戻りました。

めんたいパーク

 まだ時間があったので、那珂湊おさかな市場というところへ。お寿司でも食べられればいいなと思っていたのですが、こちらもすごい混雑、駐車場も満車状態で周辺道路が渋滞してました。お寿司屋さんも大行列で諦めました。行ってみようかと思っていらっしゃる方は混雑期は避けたが無難かと。とりあえずハナダイの干物、6尾400円を買いました。

 14時に那珂湊駅に戻って自転車を返却、14時13分の列車で終点へ。

阿字ヶ浦・1

 10分ほどで終点・阿字ヶ浦に到着。終着駅ですが駅前にはお店も見当たらず、閑散として寂しい感じ。

阿字ヶ浦・2

 ここから徒歩で総合運動公園へ(注:普通は徒歩で行く距離ではありません)。暑いなか、他に通る人もほどんどない道を30分以上かけて着いた公園では、サッカーの試合が開催されるような雰囲気がまるでなし。あわててスマホで確認してみると、総合運動公園ではなく3kmほど離れたひたちなか市那珂湊運動公園の方に来てしまっていました。

 しかたがないので、さらに歩き、ようやく総合運動公園陸上競技場に着いたのは16時の試合開始10分前。

ひたちなか市総合運動公園陸上競技場・1

 サッカー専用の競技場ではなく、陸上のトラックが併設されていてピッチまでの距離が少しあるのですが、新しめのメインスタンド(芝生席は使用せず)は傾斜があって見やすかったです。お客さんの入りはどちらのホームでもないことを考えると上々。ノジマステラのサポーターがかなり来てました。

ひたちなか市総合運動公園陸上競技場・2

 試合は前半は拮抗していたのですが、後半はベレーザが自力の差を見せつける形で圧倒、3−0で勝利しました。ノジマステラが勝ってくれた方がリーグが混戦になって面白くなるところだったので、ちょっと残念。

 帰りはバスで勝田駅へ出ようと思ったのですが、バス停が遠い! 10分以上歩かされました。加えてバスの本数が少ない! 30分以上待たなければならない、というので、阿字ヶ浦駅に徒歩で戻ることにしちゃいました(注:普通は徒歩で行く距離ではありません)。いや、待ってた方が結局早いのはわかっていたんですけどね・・・。

 街灯もろくにない暗い夜道を歩くこと、50分。阿字ヶ浦駅に戻って、19時18分発の列車で勝田駅へ。そこから往きと同様、常磐線〜東武伊勢崎線経由で、帰宅したのは23時前。疲れました〜。

週末の散策

陣ケ下渓谷公園・1

 先日、時間があったので自転車で陣ケ下渓谷公園というところに行ってきました。

 アパートからは6kmほど。

 「横浜に渓谷!?」という感じがしますし、周囲は普通に住宅地だったりするのですが、たしかに一角、それらしき空間が取り残されたように在りました。

陣ケ下渓谷公園・2 陣ケ下渓谷公園・3

 すぐそばを横浜市環状2号線が通っていて車の音はけっこうしますが、木々は鬱蒼と茂り、鳥が盛んにおしゃべりしていて、ここが横浜ということを忘れそう。

陣ケ下渓谷公園・4

 谷に降りて、目を凝らすと浅瀬に小さな魚の影が。

 看板があったので見ると、「ホタルの生息地につき、ここから先は立ち入り禁止」という旨の掲示が在りました。

 そういえばホタルが飛ぶ時期です。ひょっとしたら見られるのかもしれないと、アパートに帰ってから調べると他の公園ではもう飛んでいるとのこと。

四季の森公園

 ということで、昨日行ってきました、四季の森公園。横浜市緑区です。横浜線の中山が最寄り駅。駅から1kmでしょうか。

 公園についたのは午後6時半くらいでしたが、早すぎ(苦笑)。この時期はまだ明るいことを忘れてました。週末ということもあって公園はホタル見物の家族連れでけっこうな人出でしたが、手持ち無沙汰な様子でした。

 ホタルが見えたのは午後7時半頃。きれいでした。林の中でポツリポツリと緑がかった光が明滅し、時に目の前をよぎっていきました。写真をお見せできないのが残念です。ホタル観賞時にはスマホ・デジカメ・懐中電灯等の光を出す機器の使用は禁止だそうです。彼らの恋の邪魔になるからだそう。それに無粋ですしね。

 ちょっと人が多すぎてザワザワしているのがマイナスでしたが、行ってよかったです。わたし、ホタルを見るのはこれがやっと生涯2度目。草加・八潮は水が汚いのでホタルなんていないのよ、こどものころから・・・。横浜の人がうらやましいです。

昨日の行楽

 少し時間があったので、横浜市の市立野毛山動物園に行ってきました。

野毛山動物園・1 野毛山動物園・2 野毛山動物園・3 野毛山動物園・4 野毛山動物園・5 野毛山動物園・6 野毛山動物園・7 野毛山動物園・8 野毛山動物園・9 野毛山動物園・10

 1時間半か2時間でざっと見てまわれるこじんまりとした動物園ですが、それなりに動物はそろっていてなかなか充実しております。しかも入園無料! 市立の動物園があるっていうだけでも大したものですが、しかも無料かぁ・・・。さすが大都市。無料ならちょっと時間が余った時とか散歩のついででも気楽に見られるし、いいなぁ。

 場所は桜木町駅から西へ1kmほどですが、坂の上にあるんでご注意。徒歩で行けないほどきつくはないですけど。となりに中学校があって、ペンギン見てたら吹奏楽の練習が聞こえてきたりするのが妙な感じでした。

昨日の行楽

アイラブアイルランド・フェスティバル 入口

 好天に恵まれた連休中日の昨日、アイラブアイルランド・フェスティバルに行ってきました。去年、そういうイベントがあると初めて知ったのですが、それがちょうど開催された直後で・・・、ほぼ1年待ちました。

 場所は東京・代々木公園の一角。着いた時にちょうどステージでレディ・チーフタンズという日本女性によるアイリッシュミュージックバンド(かの The Chieftains の公認トリビュートバンドなんだとか!)が演奏中。

レディ・チーフタンズ

 屋外で聴くアイルランドの伝統音楽というのがまた良いですな。楽しくなってきます。来たタイミングが遅くて1曲しか聴けなかったのが残念。

 会場はそれほど大きくなく、イベントとしてはこじんまりとしたものでしたが、和やかな雰囲気で好感が持てました。

 ふらっと、あるブースをのぞいたら留学支援団体のもので、実際にダブリンに留学したという女の子が一生懸命説明してくれました。1週間ほどだったそうですが、どうやら留学はとても楽しかったらしく、終始ニコニコしていて、ちょっとうらやましかったです(オイちゃんも、もっと若けりゃねぇ・苦笑)。アイルランドはとても緑が多かったのが印象的だったそう。「物価は日本とそれほど変わらない感じだったけど、乳製品はとっても安い! アイスクリームがおいしかった!」とのことです。

 ダンスエリアではおチビがアイリッシュダンスを練習中。小さくても女の子はこういうのが好きなのね。

 ケルト系音楽のCD販売もありまして、1枚500円なんてのがあったんで、よく知らん人ばかりなのに、つい5枚も買いこんでしまいましたよ(でも、わたしが持ってる Paul Brady や Clannad のアルバムも500円で売られていて、ちょっとくやしかったり・・・)。

 13時から近くの表参道でセントパトリックデーパレードがあるというので、そちらへ移動。アイルランドの守護聖人・聖パトリックのお祭りの日が3月17日で、それにあわせて行われているらしいです。実は東京のセントパトリックデーパレードは今年で25周年だそうで、ずいぶん前からやっていたのね。わたしが知らなかっただけか。

パレード開始 パレード先頭

 ミス・日本がいたり、

ミス・アイルランドと聖パトリック

ミス・アイルランドと聖パトリックらしき扮装の人がいたり、

アイルランド国旗・1

アイルランド国旗が登場して、

アイルランド国旗・2 イーリアン・パイプスの行進 ティン・ホイッスルの行進

イーリアン・パイプスやティン・ホイッスルの行進があり、

アイリッシュセッターの行進

アイリッシュセッターも行進し、

ギネスビールの行進

ギネスビールも行進し、

サンバ!

なぜかサンバに、

剣舞!

剣舞をする人もいて、

よさこい? パレード終盤

けっこう混沌としていましたが、大いに盛り上がり、こちらも楽しかったです。来年も行こうかな。

何のキャラクター?

一昨日の見学

 ヒマができたので、実は自宅から意外と近かった葛西臨海公園に自転車で行ってみました。

 お目当てはもちろん水族園。

 うーむ、エサとるために大口開けたアジってあんなに人相が変わるものなのね。大量死して以前話題となったマグロは、あのあと連れてこられた数十尾が元気に泳いでいました。今は特に問題なさそう。

Old Wife ですか・・・

 この魚の名前は・・・。英名ですが、「老妻」って・・・。

魚の正面顔

 あと、こんなのや、

岩に縦向きでへばりつく魚

こんなのや、

イワトビペンギン

こんなのがいました。水族館は好きです。どこ行っても楽しい!

 水族園を出たあと、人工渚へ。

渚にて

 こんなのがいました。

雲、その一

 ふと空を見上げると、雲が美しく。

雲、その二

 穏やかで暖かい午後、風に吹かれると心地よく。

 いい一日でした。

昨日の見学

大ニセモノ博覧会

 お天気がよかったので、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館へ行ってきました。自転車で。

 ウチから最短で45kmほどなんですが、わかりやすく行ける経路がない上に、土地勘のないところなのであちこちで迷ってしまい、おまけに印旛沼自転車道を通って行こうとしたら勘違いして新川遊歩道を勝田台の方へ向かってしまい、大幅に遠回り。目的地まで65kmも走って、博物館、観る前に疲れちゃいましたよ。

 お目当ては企画展示の「大ニセモノ博覧会 贋造と模倣の文化史」。

 展示の規模はそれほど大きくありませんでしたが、おもしろかった! 出展された日本画にはその真贋とできばえについて解説文が添えられて楽しい。人魚のミイラについてはその実物(ニセモノの実物ってことです)だけでなくその製作法も展示あり。

 かつての日本では、掛軸や屏風が宴会の間の室内装飾として重要であり、宴会が行われる家の格式を誇示するためにも著名な人物によるものが求められたので、それが贋作がはびこる一因ともなったそう。

 わたしの祖父の家にも三条実美(!)の書があったそうですが、祖父はキッパリ「これはニセモンたい」と言っていたそうです(笑)。どうやら「贋作だっていいじゃないか、とりあえずカッコがつけば」というおおらかな(いいかげんな)雰囲気があったようですね。

 常設展示も見応えがあるものでしたが、行ったのが昼過ぎと遅かっため、途中で時間切れ。2、3時間じゃ、とても足りないです。

 博物館の売店も歴史関係の図書や他の博物館の図録を中心になかなか充実してまして、遮光器土偶のミニチュアが欲しくなったんですが、思いとどまって千葉産のピーナッツバターを買いました(脈絡なし)。

印旛沼

 帰りは印旛沼自転車道を通りました。

印旛沼自転車道の起点(八千代市保品)

 自転車道の起点(八千代市保品)はかなりわかりにくいところにありました。

 帰路もまた道を間違え、結局往復の走行距離は120km超・・・。そんなつもりじゃなかっただけに、キツかったス。

博物館の梅の花

 おまけ。博物館の敷地の梅の木が花を咲かせていました。往路の桜も蕾がふくらんでいました。春ですね。

博物館の梅の花の下のネコ

 その梅の花の下には、ネコが。

 ノラっぽかったんですが、写真を撮ろうとして目があったら鼻声で鳴きながら寄ってきました。

今日の表札

アイルランド・ハウス

 今日、都内を歩き回っていたらアイルランド大使館が入っているビルを見つけました。その名も「アイルランド・ハウス」! おおっ! 表札の一番上の表記はゲール語でしょうか?

 ビルの柱のマーク、この写真じゃわかりにくいんですが、ハープのようです。ううむ、らしいな。