メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー わたしには「猫に小判」だったのかも

Complete Greatest Hits

 今回はわたしによくある「ネットラジオで聴いた曲が良かったので」のパターン。

 Gordon Lightfoot 、2002年のベストアルバム "Complete Greatest Hits" です。デビューした1966年から1993年までの20曲が収められています。

 彼はカナダの人で、カナダを代表するシンガーソングライターとされているんだそうで、元 The Band でやはりカナダ出身の Robbie Robertson は彼を「国の宝」と言ったとか。ひょえっ、全然知らなかったよ。

 初期はシンプルなフォークですね。時にカントリー風味もあり。70年代に入るころから音的には厚みを増していきますが、本作を聴く限り、あくまで基本はアコースティックでギター中心のフォークというのを通した人のようです。ロック色は薄いです。声は男っぽい落ち着いた美声です。

 なるほど、評価に違わない水準の高い音楽を作っていた人らしいというのは感じます。ただ、わたしにとってはまとも過ぎて、引っかかってくるものがありませんでした。残念。これは純然たる好みの問題で、Gordon Lightfoot が悪いわけではないよね。

 「良かった曲」というのは、彼最大のヒット曲でもある "The Wreck of the Edmund Fitzgerald" です。収録されている曲の中でも一際迫力を感じる曲です。英語の聞き取りはほとんどできないので、初めて聴いたときは何を歌っているのか、さっぱりわからなかったのですが、「叙事詩を聴いているようだ」と思ったのをおぼえています。実際、この曲は発表された前年に五大湖で起きた大型貨物船遭難事故のことを歌ったものです。こうしたことを歌にするというあたり、やはり伝統的なフォークの人だったということでしょうか。

 Bob Dylan が「ファンだ」と公言したくらいなので、彼の真骨頂はおそらく詞にあるのではないかと。そうなると、英語を聴いてわかる人でないと、その価値はわかりにくいのかもしれません。

今日の音楽 ー 回想のニューオーリンズ

The Bright Mississippi

 再び Allen Toussaint を。2009年の "The Bright Mississippi" を。

 ジャズです。現代のジャズではなく、彼の故郷・ニューオーリンズの古いスタンダードをカバーしたアルバムです。1曲除いて全てインストルメンタル。

 ゆったりと郷愁を漂わせつつ、控えめに粋で、心地よい音。"Songbook" や "American Tunes" もそうでした。晩年の彼が目指した境地でしょうか。素敵です。

 "St. James Infirmary" とか、大昔、洋酒のCMでこんなん使われてなかったっけ? こちらもなんだか懐かしい気分になります。

今日の映画

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

 久し振りに映画を観てきました。『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』です。

 1890年代にオクラホマのアメリカ先住民・オセージ族の居留地の地下から石油が発見された。これによりオセージ族は莫大な富を得ることになった。時は流れて1920年代、叔父を頼ってオクラホマにやってきた戦争帰りのアーネスト。オセージ族の娘と恋に落ち、結婚することになるが・・・。

 実際にあったオセージ族連続殺人事件を元にしたお話です。実際にあった、とは怖ろしい・・・。

 観てみたら、なんと3時間半近くもある映画でしたが、わたしは長いとは感じませんでした。見せ場を息もつかせず投入して飽きさせないようにしているエンタテインメント型の作品ではなし、スペクタクルな映像があるわけでもないのですが、それでも取り上げる価値のある素材を力のある人がていねいに作り込めば観応えがある作品ができるのだなと納得。

 実はわたし、レオナルド・ディカプリオを映画で観るの、初めてだったですが、ちょっとおバカさんっぽくて悪になりきれていない悪党を好演しています。でも、この人ってこういう役者さんでしたっけ?

 淀川長治みたいなおじいちゃんが出てきたな、どこかで観たおぼえがあるなと思っていたら、ロバート・デ・ニーロ! 『ディア・ハンター』からは想像もできないぞ。最後の出番で「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・」とか言い出すんじゃないかと思ったじゃないか。

 音楽がいい感じだなと思ったら、元 The Band で今年亡くなったロビー・ロバートソンが担当!

 いろいろスゴい映画でした。

今日の音楽 ー 猛省

You Had It Coming

 唐突に Jeff Beck です。2000年発表の "You Had It Coming" を。

 ロック好きなら説明の要もない Jeff Beck 。とりあえずは聴くべき一人ということで、わたしもお作法的に多少聴きはしましたが、それほど関心はありませんでした。

 第1期 Jeff Beck Group は聴いたけど、Jeff Beck 本人はわりとどうでもよくて(ヒドい・・・)、この後に Faces で Ronnie Lane と組むことになる Rod Stewart と Ron Wood が参加しているからっていうのが理由でした。あんまり印象に残っていないです。

 他にはロックを聴くようになった大昔、名盤ということで、たしか "Wired" は聴いているはずですが、これもほとんど印象に残っておらず、ただ「あっ、自分には合わないな」と思ったことを憶えています。

 なので、こちらから積極的に聴く気はなかったのですが、ある時、インターネットラジオで流れてきた曲を「おっ、かっちぇー」と思ったら、これが本作収録の "Rollin' And Tumblin'" で。

 それからしばらくして、やっぱりインターネットラジオで流れてきた曲を「おっ、かっちぇー」と思ったら、これが本作収録の "Nadia" で。

 「じゃあ、試しに」と本作、買ったのはいいんですが、未聴CDの山の中に紛れてしまって忘れてしまって・・・。とかやってたら、今年(2023年)、本人、お亡くなりになってしまって・・・。ごめんよ、Beck !(泣)

 でもって、これが全編、かっちぇーのですな。わたしの好み!

 彼の長いキャリアの中でもエレクトロニカに寄った時期、ということなんだそうですけど、1960年代から演ってる人が2000年に出したアルバムとは思えないほど若々しい音です。でも、無理して若作りしたという感じはまったくなく、むしろ生き生きと、そして攻撃的に弾きまくってます。エレクトロニカ・ハードロックっつーか。今更ですが、すげーよ、Beck !

今日の音楽 ー 異世界

Tibetan Buddhism - The Ritual Orchestra and Chants

 今回はノンサッチの「エクスプローラー50+」から。

 "Tibetan Buddhism - The Ritual Orchestra and Chants" 、チベットの仏教音楽です。1973年の録音です。

 これ、日本でいうところのお声明ですよね? 乱暴に言うと、節をつけたお経のコーラス、というところでしょうか。

 全3曲、それぞれ14分、12分、25分と長いです。

 遠く離れたチベットですが、その唱え方は日本のと共通した感じはあって、「ああ、似てるな」と思いつつ聴いていたのですが、こちらの方が妙な迫力があります。地の底から湧き上がってくるような。

 1曲め、最初は声が中心。ゆったりと同じような調子が続きます。で、油断していると半分過ぎたあたりで、太鼓と鈴のような音が入ってにわかに緊迫した雰囲気になっていきます。そして終盤にいきなりホルンのような音が響き、ドキリとします。

 2曲め3曲めは冒頭から音域の違う吹奏楽器が激しく異様に交差し、恐ろしげな世界に。その後、低〜い声が戻ってきて重い空気は残るものの、いったん落ち着きます。しかし、その後も時折不穏な打楽器、吹奏楽器が挟み込まれて、心を揺さぶります。我知らず「ひぃっ」と声を上げてしまいそうです。そのはずで、この2曲は地獄の王に献じられるものだそう。

 仏教音楽というので、心安らぐ境地が展開されるのかと思いきや、とんでもない。映画『ロード・オブ・ザ・リング』のモルドールの場面にふさわしい(このバチあたり!)、と形容すれば(映画観た人には)多少わかっていただけるでしょうか?

 印象は強烈。一聴の価値があると思います。

今日の音楽 ー 悪くない。けど。

Color Theory

 去年新規開拓で聴いた "Sometimes, Forever" がとても気に入った Soccer Mommy 。気に入ったので、他の作品も。

 現時点でも最新作は "Sometimes, Forever" なので、さかのぼってその前のアルバム、2020年の "Color Theory" を。アルバムとしては2枚めになります。

 うむ、悪くない。けど。

 いいメロディがあちこちにあるし、Soccer Mommy こと Sophia Allison の歌声は魅力十分(わたし、彼女の声、好き)。ですが、良さが断片的(変な表現)で、全体的には「惜しい・・・」という感じです。

 なんつーか、作りが女性シンガーソングライター系にありがちな無難な路線という印象で、これだと不穏と繊細が同居する彼女の個性を表現しきれていないような気がしてます。最初に聴いたのがこの作品だったら、あまり記憶に残らなかったかもしれません。

 ここから "Sometimes, Forever" までに彼女の表現力が大きく向上したということかな。"Sometimes, Forever" のプロデューサーが合っていたということでもあるのかな。

 "Bloodstream" が好きです。

今日の音楽 ー 見つけました!

PAYKAR

 2016年に映画『kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~』を観まして。

 kapiw と apappo 二人の歌うシーンがとても良かったので、もっと聴きたいなと思ってCDか何か出てないかと探したのですが、見つけることができませんでした。

 (その後、Amamiaynu や『アイヌと奄美』で少し聴くことができました。)

 今年、北海道を旅行した折、宿泊先でたまたま Kapiw & Apappo 名義のCDが置いてあるのを発見! 帰宅してすぐに調べてみたら、映画が上映された2016年に出ていました・・・。調べが甘かったのね・・・、反省。

 そのCDがこれ、『PAYKAR』です。

 手拍子に apappo によるトンコリやムックリの演奏、それとサウンドスケープということでさまざまな音が控えめにのっていますが、基本的には二人の歌で構成されたシンプルな音です。

 これは良いですね。映画を観たときも感じたことですが、二人の声、節回しがとても心地よい。ふわ〜っとした気分になって、いつのまにか最後まで聴いてしまっています。

 意外にもサウンドスケープのエレクトロニカっぽい音とも相性がよいです。

 「もうちょっと、世間に知られてほしい!」と思う作品です。

今日の音楽 ー 70年代標準型ギター・ロックとでも言いましょうか

Frampton Comes Alive!

 Ronnie Lane 関係の洋書とか読んでいて、ふと、Peter Frampton を聴きたいなと思いました。

 Peter Frampton というと、Steve Marriott が Small Faces に加入させようとしたんだけど、他のメンバーの反対にあい、結局、Steve Marriott の方が Small Faces を脱退して、Peter Frampton らと合流し Humble Pie 結成といういきさつで記憶していたんですが、聴いたことがありませんでした。

 Humble Pie は少し聴いているのですが、どれも Peter Frampton 脱退後の作品で。

 彼、ソロになってから大ヒット作を出しているんですよね。"Frampton Comes Alive!" 、1976年発表のライブアルバムで、当時としては破格の1000万枚以上の売上という結果を残し、ロック名盤ガイドなんかにもよく取り上げられています。聴くなら、コレかなと。

 なるほど、彼の脱退後、黒人音楽の影響濃いハードロック的な方向に進んでいった Humble Pie とは違いますね。といって、同時代大流行りのプログレやグラムではないし、フォーク/カントリー、AOR 、パンク(まだだって)、テクノ(まだだって)、ソウル、ファンクといったジャンルのどれにあてはまるというわけでもない。バランスの良い音である一方、際立った特徴で印象づけられるものではないので、ジャンル分けしようとすると、単に「ロック」としか言いようがなくなる感じ。

 ギター中心ですけど、ギタリストのエゴが充満しているような音ではなく、ほどよくポップ。素直で耳になじみやすいメロディが豊富だし、「一生懸命歌います!」といった風の Peter Frampton のボーカルも好感が持てます。ライブの熱気も手伝って全体に屈託のない前向きの内容で、かけっぱなしにしていると、70年代の明るい側面が伝わってくるようで、楽しいです。

 売れた、売れないは抜きにして、これは良い作品です。

 聴く前は、Stones のカバー1曲を除くと知らない曲ばっか(収録されているのは基本、彼の曲)だなと思ったのですが、"Baby, I Love Your Way" のメロディはなぜか記憶にあって不思議だったのですが、調べてみると他のミュージシャンによるカバーが大ヒットになっているのですね。なるほど。

今日の音楽 ー 「物足りない」は問題か?

Everything Is Alive

 Darlingside の新作が出ました。"Everything Is Alive" です。

 メンバーに変更はなく、アコースティック寄りの音、聖歌を連想するような美しいコーラスもこれまでと同様。

 ただ、今回、大半の曲に女性ボーカルが参加しており、そのためか、コーラスの感触が微妙に変化しており、「あれっ?」と思うことも。

 アルバムとしての水準はこれまでの作品と比べてもそう劣らないとは思いますが、印象的な曲が見当たらなかったため、個人的には物足りません。といって、悪くはないので、どうしろとも言いにくいのが、なんだかもどかしい。本作も良質な音楽であることに変わりはなく「このコーラスがあれば、それでいいじゃん、ねえ?」とも思ってしまうので、う〜ん。

今日の音楽 ー ちょっと厳しい

P'ANSORI - Korea's Epic Vocal Art & Insturmental Music

 今回はノンサッチの「エクスプローラー50+」から。

 "P'ANSORI - Korea's Epic Vocal Art & Insturmental Music" 、韓国の伝統音楽で1972年に録音されたものだそうです。

 "P'ANSORI" 、日本語表記だと「パンソリ」になりますが、これは純音楽というより、日本でいうところの語り物、琵琶語りや浪曲のような、歌もまじえながら、説話を演劇的に物語っていくというもののようです。

 う〜ん、こういう芸能は言葉がわからないと辛いところ。音だけで楽しむというわけにはなかなかいかず、映像で字幕とともに観たいものです。おもしろいのは日本の語り物の伴奏が弦楽器であるのに対し、パンソリは太鼓なのですね。語り手とは別の人が演奏し、合いの手を入れたりしています。

 アルバムタイトルは「パンソリ」ですが、実際には収録7曲のうち、パンソリは2曲。他は別の形式の伝統音楽です。1曲除いて、他はすべて打楽器と組み合わせになっているのも特徴なのかしら? 伽倻琴のギターソロっぽい感じが好き。