メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

氏名の誕生

 『氏名の誕生』(尾脇秀和:著 筑摩書房)、読了。

 ここでいう「氏名」とは、家の名である氏と個人名である名の二つの要素からなり、戸籍に登録されていて現在の日本国民が必ず持つことになっている名称です。

 わたしたちは、自分たちの名が今のようなものであることを当たり前と考えがちですが、そうではなく、今の「氏名」は日本の歴史全体から見れば比較的最近の明治初期に成立したもので、江戸時代の人の「名前」は今と大きく異なるものだった、ということを論じた本です。

 広範囲で地道な調査が必要な研究ではないかと思われます。労作でしょう。

 二要素の簡潔な形式で、氏はともかく名は基本的に変更なく生涯使われ続ける現代の目からすると、まあ、江戸時代の人名の煩わしいこと、わかりにくいこと。でも、その時代にあっては、その社会の実情が反映されたもので、一概に不合理とも言えないのがわかります。

 ○左衛門に×兵衛、右近だとか刑部とか、古の朝廷の官職由来(ただし、本来の意味はほとんど顧みられることなく)の名が、武士から庶民まで広がったのは、もとは戦国時代、その立場にない者による官職の僭称が蔓延したことが原因だそう。そうした勝手な行為を禁ずべき朝廷が零落していたので、やりたい放題だったわけです。カッコよさそうだからって、意味もわからないまま、適当な官職名を名乗ってしまうというミーハーさ加減は、なるほど、やはり我らのご先祖様だわ。

 この乱脈さを苦々しく思っていた方々も少数いらっしゃいました。で、日陰にいたそうした方々が明治維新によって一躍、政権に参加することになりますと、正しき「姓名」を使うべきだとして、それを制度として強制することになったわけです。しかし、実情に合ってない「正しさ」は実に迷惑でありまして、大混乱が発生して立ち消えになってしまったそう。

 結局、現代につながる戸籍制度の「氏名」とは、日本の文化とか伝統を考慮したものでもなく、単に国が管理しやすい形式を国民に一方的に押し付けただけのもの、というのがオチでございました。

 ううむ、勉強になりました。

 ただ、一点、疑問があります。

 著者は「名乗」(実名、諱とも)について、江戸時代においては儀礼専用で日常では使わないというのが常識であったと強調しています。ですが、わたしは儀礼とは異なる場面で使われた例を見たような気がします。

 以前、読んだ『夢酔独言』、これは幕末期に勝海舟の父である勝小吉が子孫への訓戒の書として、自分の半生を綴ったものです。この中で勝小吉は海舟のことを当時の彼の「名乗」で「義邦」と書いていたと記憶しています。これはどういう意味合いでそうしたのでしょう? 『夢酔独言』は書いた目的も書きっぷりも儀礼とは程遠いものに思われるのですが、江戸期においても歴史的な人物については叙述の都合上「名乗」が使用されたのと同様、子孫が名前の変遷に混乱しないようにとの配慮とだったのでしょうか。単に勝小吉があんまり常識的な人ではなかったから、というのもありそうですが。

今日の本

鎌倉幕府抗争史

 『鎌倉幕府抗争史』(細川重男:著 光文社)、読了。

 勝手に副題を「漂流する史上初の武家政権」とか、つけたくなる内容です。

 組織の未整備、構成員の経験不足をリーダーである源頼朝のカリスマ(と僥倖?)で補ってなんとか運営されてきた初期鎌倉幕府が、彼の突然の死とともに抗争が抗争を呼ぶ混沌の巷と化していた時期を解説するというものです。

 当時の武士といえば、「一所懸命」で自分と自分の目の届く範囲のことを考えるのが精一杯。頼朝の死後、幕政を担うことになった上層の御家人連中といえど、幕府草創以前は天下国家のことなど思いもよらない「統治される側」であったのが、あっという間に「自分周辺」以外のことにも対処しなけりゃいけない「統治する側」へまわることに。でも、思考も行動様式もそれに追いつかず、問題解決には、つい元々の本業であった武力行使が手っ取り早く・・・、ということでしょうか。そんな気がします。

 北条時政は、比企氏打倒に成功した代償として、主筋、しかも自分の孫やひ孫まで殺すことになってしまい、「毒喰らわば皿まで」的心境になってしまっていたのかしら? さらには後継者にと大事に育てた末息子が、官位を得てこれから京都・官界で華やかに社交デビュー!というまさにその時に、あろうことか10代の若さで急死してしまうという悲劇に遭い、異常な心理状態になっていたのでは? 畠山重忠だって娘婿だし、その子で畠山氏追討時に真っ先に殺された畠山重保なんか実の孫なのに・・・。どうも、時政・牧の方・牧の方所生の子・その婿たちと、政子・義時らの時政の前妻の子たちの間には、けっこう早くから溝があったんでは、とも考えてしまいます。

 著者の過去の作とは毛色が異なり、オーソドックスな歴史書的な著述スタイルになっていて、『頼朝の武士団』や『論考 日本中世史』のノリを期待していた方には当て外れかもしれませんが、わたしにとっては、とにかく展開がわけわからん時期の流れがだいぶ見通しが良くなり、収穫がありました。

今日の本

いのちの木のあるところ

 『いのちの木のあるところ』(新藤悦子:作 佐竹美保:絵 福音館書店)、読了。

 これはネットのどこかの書評サイトでちらりと見かけて、気になって読んでみました。児童文学です。出版社によると、対象は小学高学年から、とのこと。たしかにそのくらいがちょうどいいかな。

 13世紀、トルコの山地の小国に建設され、現在は世界遺産となっている「ディヴリーの大モスクと治癒院」をめぐる物語です。登場する人物の幾人かは実在の人物で時代背景も史実に沿っているようですが、創作のお話です。作者のあとがきによると、このモスクと治癒院については謎が多いそう。それでも、この史跡の魅力を伝えられることを願って、限られた資料から推測を重ね、物語にした、とのことです。

 文字は大きめですが、500ページ超、読み応えあります。

 今から800年ほど前、トルコ・エルズィンジャンの王の末娘・トゥーラーンの幼少期からお話は始まります。トゥーラーンは身体が弱く、物語が好き。月日が流れ、姉たちは会ったこともない他国の王子や皇帝に嫁いでいく。自分にもそんな将来が待っているということに不満を覚えるトゥーラーン・・・。

 児童文学ですので、大人向けの小説とは違い、複雑な人間心理を微に入り細を穿つように描写したりせず、やさしい文章でごく素直にお話は進んでいくのですが、それがむしろ心地よい感じです。

 遠く、過去あまり交流があったとは言えないトルコの歴史は日本人にはあまり馴染みのないもので、わたしもほぼ何も知りませんが、こうした物語ならイメージが頭の中でふくらみます。知らない国の歴史に触れるなら、最初はカッチリした大人向けの歴史書より、こうしたものに案内してもらいつつ入っていくのがよいのでは?

 作者が女性だけに、登場人物も女性が多いです。戦の絶えない時代でもあり、それが物語の背景に影を落としているのですが、そこは簡略な記述にとどめ、描写の中心はかの地の人や文化。そうした点も好感が持てます。歴史物語というと、男だけが活躍する政治や戦争の話ばかりと飽きたらなく思っている方にオススメできるかもしれません。

 対象年齢くらいの読書好きの子がまわりにいたら、プレゼントしたくなるような本です。そして、大人にとっても得られるものは少なくない、良い本だと思います。

今日の本

Pythonで動かして学ぶ! あたらしい数学の教科書

 『Pythonで動かして学ぶ! あたらしい数学の教科書』(我妻幸長:著 翔泳社)、読了。

 前に似たような題の本を読んだおぼえが。

 あれは『文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学』でした。

 こちらは学び直しではなく、副題のとおり『機械学習・深層学習に必要な基礎知識』を Python で学ぶというものです。

 全体の3分の1を使って、環境構築と Python・数学(高校レベル?)の基礎に触れた後、本題の機械学習・深層学習に使われる数学として、線形代数、微分、確率・統計についての解説。それに簡単な機械学習の実践、という構成になっています。

 それほど厚い本ではないので、これ1冊で機械学習・深層学習に必要な数学をマスターするというのは無理。それぞれの解説は、あくまで概容程度にとどまっています。

 その代わり、機械学習・深層学習ではどんな数学知識が必要になるのか、そうした数学の計算を Python のコードではどのように書くのか、といったことを把握する用途なら、かなり有用だと思います。

 わたし自身について言えば、線形代数は高校の時に選択しておらず、まったく知らなかったので参考になりました。微分は読んでも、なお怪しい・・・。確率・統計についてはここのところしばらく統計検定の勉強をしていたので、書いてあることは大方知っていましたが、エントロピーは知らなかったので、それも参考になりました。

 もう少し勉強してみよう。

今日の本

散歩道の図鑑 あした出会える雑草の花100

 『散歩道の図鑑 あした出会える雑草の花100』(髙橋修:著 山と渓谷社)、読了。

 植物図鑑です。企画として秀逸。身近で見ることができる雑草の花を100種選んだものです。学問的に分類したり網羅したものではなく、あくまで一般の人が日常的に使えるように、という実用性重視の内容になっています。新書サイズで100種にしぼったことで厚さ重さも手ごろ、シリーズ名通り、散歩に持って歩いても邪魔にならない大きさです。白・黄・赤・青等と、花の色でまとめているのも、特徴を平易な文章で教えてくれる解説も、調べやすくてよいです。

 ウチのまわりは工場と住宅が混在する地域で、近くを流れている川は日本屈指の汚さで知られているという殺風景なところです。そういうとこでも、これ一冊あるといろいろ発見があって、散歩するのが楽しくなってきます。掲載されている雑草、今のところ、17種、自宅周辺で見つけました。解説を見ると、やはり春に花が咲くものが多いようなので、来春探せばもっと増えるかな。

 図鑑ってあまり通読するものではないような気もしますが、外出時に持っていって見たり、家で息抜きにペラペラめくっているうちに、最初から最後まで読んでしまいました。

今日の本

だんだんできてくる マンション

 『だんだんできてくる マンション』(鹿島建設:監修 たじまなおと:絵 フレーベル館)、読了。

 表紙にあるように、「おなじところから工事げんばを見つめてみた」絵本シリーズ・『だんだんできてくる』の第二弾はマンションです。都市部にお住まいの方なら、マンション建設現場はわりと見かけると思いますし、マンションにお住まいの方も少なくないと思います。でも、どのような過程でマンションが出来上がっていくのかとかは、建設会社勤務でもない限り、知らないのが普通なので、大人でも勉強になる絵本です。

 まず、予定地の既存の建物を壊すところから、はじまりはじまり。

 仮囲いに中がのぞけるようになってるのがあるとは知りませんでした。現場によく鉄板が敷いてあるのは見たおぼえがありましたが、重機が沈んだりしないようにするためだったんですね。「タワークレーンののばし方」はタワークレーンが自分で自分のはしらを持ち上げて、それからつなぐのね。そういうことができる作りになってるんだ。絵をよく見ると季節が変化しているところは、なかなか芸が細かい。そこからすると、このマンションの工期は2年半くらいなのかな?

今日の本

平氏

 『平氏』(倉本一宏:著 中央公論新社)、読了。

 平氏、というと圧倒的多数の人の頭に浮かぶのは平家物語で知られる平清盛一門だと思われますが、実際には平安初期に桓武天皇の子孫が臣籍に下って平の姓を賜与されて以降、記録に登場する平氏の人々は清盛の系統以外にも大勢います。また、源頼朝・義経らを出した清和源氏と対照するように桓武平氏という言葉もわりとよく使われていて、平氏と言えば桓武天皇の子孫、というイメージがありますが、実際には仁明・文徳・光孝の各天皇の子孫からも平氏が出ているそう。そうした平氏にはどんな人がいたのか、ということを丹念に追った本です。

 著者は日本古代史の研究者。以前、同著者の『蘇我氏』を読んでいます。

 まあ、とにかくたくさんいること。冒頭の平氏系図なんか見ると、一人ひとり調査するのも一苦労だと思います。多くは一般にはあまり知られていない人ばかりで、地味と言えば地味な内容です。

 以前、読んだ『「王」と呼ばれた皇族』と、ある意味共通した印象を持つ本です。あちらは臣籍に降りなかった皇族が対象だったわけですが、あちらもこちらも天皇から親等が遠ざかっていくにつれて重んじられなくなっていき、大方、いつのまにか子孫が記録から消えていくという点が。諸行無常。

今日の本

コア・テキスト統計学 第3版

 『コア・テキスト統計学 第3版』(大屋幸輔:著 新世社)、読了。

 ウェブサイト「統計学の時間」のおすすめの書籍に選ばれていたので、統計検定2級受験のためのテキストとして購入しました。

 しかし、半分ほど読み進んだあたりで、理解が追いつかなくなり、挫折。以後は「統計学の時間」で勉強しました。

 先日、なんとか統計検定2級に合格したので、再挑戦です(再挑戦って順番、逆・・・)。

 統計検定2級の問題に対応できるようになってから読むと、かなり楽に理解できるようになりました(今更感ありますが)。計算はできるけど、なぜそういう計算をするのかわかっていなかったところの説明もあって、「あの計算には、こういう意味があったのか!」とか思ったり。意味がわかれば頭にも定着しやすいんですけどねぇ、後の祭り。

 統計検定2級の出題範囲とほぼ重なりますし、わたしが手にとった他の統計学の本と比べると、かなりやわらかい文章・構成で初学者向きです。正直言えば、終盤の、複雑になってきた計算式はやはりあまり理解できていないのですが・・・。

 もう少し勉強しよう。

今日の本

深海学

 『深海学』(ヘレン・スケールズ:著 林裕美子:訳 築地書館)、読了。

 イギリス出身の海洋生物学者が語る深海の生き物、そして人間が引き起こす深海の危機について。

 全体の約半分を占める第一部は、深海の生物の生態の紹介です。とても奇妙で、我々が生きる陸上はもちろん、ある程度知られている浅海とも大きく異なる様相は非常に興味深いです。食べるのをやめて体内に住まわせた微生物に栄養を作ってもらって生きる貝、30cmほどの大きさながら長いものでは250年も生きる魚、海底に沈んだクジラの死骸に形成される生態系・・・。

 第2部以降は、話題が大きく変わって、人と深海の関わり、特にビジネス・開発に伴う問題が中心になっています。著者の憂色は濃く。

 前半と後半とではかなり内容が異なり、正直戸惑いましたし、一冊の本としてのまとまりは今一つとも思いますが、どちらの話も知らなかったことばかりで有意義でした。

今日の本

100年前の写真で見る 世界の民族衣装

 『100年前の写真で見る 世界の民族衣装』(ナショナルジオグラフィック:編 日経ナショナルジオグラフィック社)、読了。

 ナショナルジオグラフィック協会というのは、もともと「地理知識の普及と増進」を目的として1888年にアメリカで設立された非営利団体です。同団体が発行している雑誌『ナショナルジオグラフィック』は日本語版も出ていて、世界各地の美しい写真が数多く掲載されていることでも知られています。わたしも時々読みます。

 そのナショナルジオグラフィックが所蔵する過去の記録を生かした民族衣装写真集というわけです。

 まず、表紙の女性に心ひかれてしまいますね。現代のポップスターかのような華やかないでたちに強い視線。ちょうど100年前、1922年に掲載されたアルジェリアの踊り子(当時のポップスター的な存在かな)だそうです。まあ素敵。

 チベット系の少数民族モソの男たち、かっちぇーな。遠足に出かけるスウェーデンの生徒たち、絵本に出てきそう。モスクワ見学中の少年たち、掲載が1917年って、ロシア革命の年じゃん! この後、彼らをどんな運命が待っていたのか・・・。

 解説にあるとおり、現代では世界中の人々が同じような格好をするようになってしまいましたが、100年前なら地域ごとに独自の服装を身にまとっていたことが、目で理解できます。ああ、そういや、わたしの祖母、父方も母方も写真に残っている姿はいつも着物だったなぁ。それもほんの少し前のことのような気がするんですが、今じゃ、ふだんから着物着ている人なんて、まわりにだれもいない・・・。

 撮影された地域にやや偏りを感じなくもないですが、なにせ100年前、交通機関が今とは比較にならないほど発達していなかった時代ですから、さすがのナショナルジオグラフィックといえど行けるところには限界があったでしょう。それを思えば、よくこれだけ広範囲の記録を残しておいてくれたものだと、賛嘆しきり。

 まちがいなく貴重で、かつ楽しいです。時々、ひっぱり出してパラパラ眺めたくなりそう。