メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

歴史修正主義

 『歴史修正主義』(武井彩佳:著 中央公論新社)、読了。

 歴史修正主義という言葉には前から違和感がありまして、研究の積み重ねにより従来の定説が修正されていくというのは歴史学においてむしろ当然のことではないか、と思うのですが。著者も本書の「はじめに」で、早速その点に言及しています。気になっている人が多いのでしょうね。もともと、歴史修正主義というのは英語の "revisionism" からきているのだそうで、直訳すると「修正主義」ですから、まあ、そうなるのでしょうが、「根拠薄弱説強弁主義」とでも言った方が実態に即している気がします。長すぎるけど。

 著者はドイツ現代史の研究者。ということで、もっぱらナチス、ホローコーストをめぐる歴史修正主義と司法の場に現れた歴史修正主義者たち、法規制による対応などについて述べていきます。

 いや〜、ゲンナリです。本書に対してではなく、歴史修正主義者たちに対してです。著者も疲労感をにじませつつ、「彼らは合理性のルールの枠外にある」、彼らの主張の不当性を明らかにするには「膨大な時間、労力、資金が必要」、法規制も「注目を浴びることを一種の戦略としている確信犯に対しては、抑止とならない」と指摘しています。

 法規制については、ドイツなどで実施されているという話は本書を読む以前からうっすら聞いておりまして、「言論の自由との兼ね合いはどうなっているんだろう?」と疑問に思っていたところではありました。本書によりますと、憎悪を煽る言説を規制の対象とすることで社会の平穏を守ることを優先している、また、ホローコースト否定の主張は「虚言」であり、言論の自由の保障対象外であるという考えのもとに成立しているとしています。

 その一方で、法規制という形で、国が「正しい歴史」を決めるというのはどうなのか? 国にとって都合のよい主張が「正しい歴史」であるとして強制されるのではないか? 言論統制の道具となってしまうのではないか? そういった懸念も著者は指摘します。歴史を法で管理するという方向は、研究者として著者は反対だそう。

 労作だと思います。

今日の本

イヌはなぜ愛してくれるのか

 『イヌはなぜ愛してくれるのか』(クライブ・ウィン:著 梅田智世:訳 早川書房)、読了。

 原題は "DOG IS LOVE" ! すごい題だ・・・。

 著者はれっきとした学者です。犬の心理研究で著名だそう。研究者の著書でこの題は、ちょっと、だいじょうぶかなと思ってしまいます。むしろ、一般人なら苦笑いくらいで許されるかもしれないけどさあ。文章も、犬への愛が昂じて科学者としての客観的な眼が曇ってしまっていないかと心配になるくらい。著者自身もその危険性は感じているようではありますが(笑)。

 犬と人間の、特別とも思える結びつきはどうして生じたのか? 犬は人間をどう思っているのか? 人間を愛しているのなら、どうしてそうなったのか?

 そうした疑問に対する答えを求める、著者を含めた多くの研究者の成果を紹介するポピュラーサイエンスです。楽しく読めました。

 いくつか印象に残った点を挙げると、まず、イヌが最も近縁であるオオカミから進化する過程で最近起きた遺伝子上の変化が重要だとしたところ。クローン技術によって生まれ、遺伝子は同一のはずの犬でも性格は異なるということ。ピットブルという名前は一つの犬種を表すものではなく、ある体型的な特徴を持つ犬を指す大ざっぱなくくりでしかないというのは意外でした。なお、著者は、人間が狩猟の助手役にするためにオオカミを飼い始めたのがイヌの起源、という説には否定的です。

 読みやすい文章でもあり、犬と科学の両方が好きな方にお薦めできるかと。

今日のマンガ

夢喰い

 『夢喰い』(佐藤史生:作 河出書房新社)、読了。

 先月末に行ってきた「佐藤史生 原画展」のお土産です。一般での発売日前に特別販売でした。そういうの、わたし、初めて。

 2010年に亡くなった漫画家・佐藤史生の短編集です。8編収録。

 「佐藤史生の作品は大方読んでたんじゃなかったけ、全部既読作品かもしんないけど、佐藤史生読むの、久しぶりだからまあいいか。」とか思って買ったんですけど、『レギオン』・『阿呆船』・『一角獣にほほえみを』は初めてでした。『夢喰い』は2度めでしたけど、最初に読んだのは「佐藤史生 原画展」の展示でだったんだから、本で読むのは初。こっちも齢で、記憶の、まあ、いい加減なこと。

 書名にもなっている『夢喰い』は、作者の代表的な長編『ワン・ゼロ』の原型のような作品。なのに、電脳世界とは無縁の作品になっているのは意外でした。『ワン・ゼロ』は神と魔の対立を、最先端・超高性能の(現代風に言えば)AIコンピュータとからめて描いたもの。今思えば諸星大二郎の『孔子暗黒伝』の先鋭的な進化形、のような作品だったなとか思ったり。

 それと本書を読んで感じたのは、斜に構えた挑発的なキャラクターがお話を動かしていく、という作品が多いのが、作者の特徴であったのだな、と。本書収録作では『レギオン』の同名主人公、『羅陵王』のモルテスとか。同人誌掲載の『一角獣にほほえみを』のジョスランも。最初期からそうだったってことは、ほとんど体質的なものだったのかも。

今日の本

Go言語プログラミングエッセンス

 『Go言語プログラミングエッセンス』(mattn:著 技術評論社)、読了。

 Go言語の解説書です。紹介文によれば『「もう一段レベルアップしたい」「開発に使いたい」と思っている方に向けた』本ということで、入門書ではありません。ごく簡単な文法の説明などもありますが、これから Go言語を学んでいきたいと思っている初心者であれば、最初ではなく2冊め以降に読む本かなと思います。

 中心になるのは、実際にプログラムを作っていく上で有用なテクニックです。基本から Web・CLI アプリ作成、並列処理やテストといった場面で役に立つテクニックが解説されており、かなり具体的で実務寄りの内容になっています。

 また、文章が読みやすく、ことに、翻訳物の日本語が苦手という人にとっては、地味ながらありがたい点ではないでしょうか。

 一方、言語の詳細について網羅的に記述している本ではないので、辞書的なリファレンスを求めている場合には違うと思います。

 目次に挙がっている項目にまさに取り組んでいて、参考になりそうな実装方法や定石を知りたい、といった場合に読む本ではないかなと思います。

今日の本

ブロークン・ブリテンに聞け 社会・政治時評クロニクル2018-2023

 『ブロークン・ブリテンに聞け 社会・政治時評クロニクル2018-2023』(ブレイディみかこ:著 講談社)、読了。

 著者の同タイトルの本(2020年発売)の文庫化です。このところ、著者の本の新装再刊が続いています。「自他ともに認める売れない書き手だった」のが、人気作家となった余得というところでしょうか。著者の場合、再刊にともなって大幅増ページとなることも続いており、本書もそうです。なので、原著はすでに読んでいたのですが、こちらも読んでみました。

 原著は2018〜2020年の英国時事エッセイ31編をまとめたものでしたが、本書はそれ以降のエッセイを追加したものです。

 それ以降の英国の状況については、再刊にあたって追加された「五年一昔 文庫版の序に代えて」で著者が語るところでは、あれほど大モメになっていた EU 離脱もコロナ禍によるロックダウンも過去のできごと、という風に感じられているそう。ちなみに去年行われた世論調査では、英国民の過半数が、離脱は失敗・復帰したいと考えているそうで・・・

 その一方で、不死身かと言われていた女王・エリザベス2世も亡くなったりして、どれも数年前のことなのに、こちらもあの「隔世の感」ってやつを抱かざる得ません。

 前にも別のところで書いたことですが、英国で問題になることで日本にも当てはまりそうなことって、意外に多い気がしているので、参考にした方がいいかも。

 最初のエッセイで取り上げられている生理貧困についても、近頃日本でも問題提起されているのをみるようになりましたし、EU 離脱で外国人労働者が激減した影響で大型トラックの運転手が不足したため、この分野の移民規制を緩和しようという意見が出ているところなんかは、原因が異なるとはいえ、バスの運転士不足を外国人材の活用での対応を検討している日本と重なっているように思えます。

今日のマンガ

ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル 完全版

 『ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル 完全版』(九井諒子:作 KADOKAWA)、読了。

 完全版ではない旧版も持っていたのですが、結局こちらも買ってしまいました。本編完結ご祝儀ということで、それもまたよしよ!

 せっかく両方持っているので、内容の比較なぞ。

 まず、判型が変わりました。旧版は本編と同じB6判でしたが、完全版はA5判になり、一回り大きくなりました。ぱっと見、表紙のデザインは同じような感じですが、完全版にはファリンがいます。

 内容は、基本的に旧版の内容を踏襲しつつ、漫画・記述を追加したものです。具体的にページ数では旧版176ページに対し、完全版248ページ。4割増しと、かなりがんばった感じです。旧版は2021年2月に出ているので、それ以降に登場した人物・モンスターが追加されています。お話が進んだということで、すでに登場していた人物についても完全版ではちょこっと記述が追加されていたり。

 追加された部分が楽しかったので、個人的にはこちらも買って満足です。

 そうそう、カバーは1回外してみるが吉です(お節介)。

今日の本

月のケーキ

 『月のケーキ』(ジョーン・エイキン:著 三辺律子:訳 東京創元社)、読了。

 少し前に読んだジョ-ン・エイキンを、もう一冊。

 こちらは短篇集です。13篇収録。

 どれもファンタジックな内容に古風な語り口の文章なのですが、その多くは舞台が現代。その「ズレ」みたいなところがちょっと不思議な味わい。

 これは童話なんでしょうかね?(古風なので、児童文学というよりは童話といった方が合っているような気がします)でも、どの結末も子どもには納得しにくいような・・・。大人向けかしら? 訳者は子ども向けと考えているようです。そして「子ども向けにレベルを下げて書く」ようなことをしていないので、このような作品になっているとしています。

 読みやすいですが、万人向けとはまた違う感じ。

 「〇〇卿」なんて人物が出てくるところなんかはイギリスっぽいですね。しかも悪役(笑)。

今日の本

Anymore for Anymore: The RONNIE LANE Story

 "Anymore for Anymore: The RONNIE LANE Story"( Caroline & David Stafford:著 Omnibus Press )、読了。

 昨2023年秋に出た Ronnie Lane の伝記です。

 彼の誕生から死までを時系列に沿って記述したオーソドックスな形式で、ところどころで著者の癖のあるひねった表現(イギリスの人ならすぐ理解できるかもしれませんが、わたしは時々悩みました)が挟み込まれるところを除けば、よくまとまった過不足のない内容と思います。現在、波乱に満ちた Ronnie Lane の生涯をたどろうと思うなら(そして英語の壁を乗り越えようという意欲があるなら)まずは本書、ということになるでしょう。

 先行して2017年に出た "Can You Show Me A Dream? The Ronnie Lane Story" は限定販売で今は入手困難になっている上に、関係者のインタビュー等の口述された記録のみで構成されており、予備知識がないと内容が理解しにくいものでした。

 "Had Me a Real Good Time: The Faces" も Ronnie の歩みをほぼ網羅し、Faces 時代に限っていえば本書よりも詳しいくらいですが、あくまで Faces の評伝なので Ronnie 個人に焦点をあてるなら物足りない面があります。

 特に本書で貴重なのは、他の2書やドキュメンタリー映画 "The Passing Show: The Life and Music of Ronnie Lane" ではほとんどなかった、Ronnie の2番めの妻・Kate や 子どもたちの証言が含まれていることです。それと1980年代、渡米後の Ronnie を苦境に追い込んだ ARMS of America の問題にも触れられており、その時何が起きていたのか、知る手がかりになります。

 体が小さいいじめられっ子で勉強もできなかった少年が音楽の道に進み、まだ十代のうちに Small Faces でデビュー。瞬く間に成功を収めるけれど、フロントマンの突然の脱退でバンド崩壊。雌伏を強いられるも、Faces で再び大成功。一見、華やかなロックスター生活を送っていたものの、様々な不満が蓄積していき、今度は自らバンドを脱退。望む音楽を実現するべく率いた Slim Chance 時代は素晴らしい作品を連発しても、商業的には鳴かず飛ばず。そして、難病発覚。彼の人柄を愛する仲間の力でチャリティイベントは大成功。しかし、その収益の使途を巡って訴訟沙汰に。闘病は20年以上に及び、車椅子生活を余儀なくされても、音楽活動への意欲は続き・・・。

 こんな人生があるものなのか、何という人生だろう、と深く思わずにはいられません。

今日の本

だんだんできてくる 家

 『だんだんできてくる 家』(住友林業株式会社:監修 白井匠:絵 フレーベル館)、読了。

 「おなじところから工事げんばを見つめてみた」絵本シリーズ・『だんだんできてくる』の第六弾。

 今回は家です。家。ふつーに家です。ふつーに街中で人が住む家です(しつこい)。なので、今までのこのシリーズの中でも、ふつーの人が知って楽しむだけでなく、役に立つ内容という点では、一番かもしれないです。

 最近の住宅の建築現場を見ると、「昔と違って板みたいな平べったい柱が使われているな」とは思っていたのですが、それで「じしんに強い家になる」のだそう。ほー、ほー。んで、屋根は瓦じゃないし、トタンでもない素材が使われているようだけど、あれはスレートというんだ。

 出来上がりを見ると、太陽光パネルが設置されていたり、ウッドデッキがあったり、自動車がEVで充電装置があったりで、現代風ですね。

 間取り図もちゃんとあります。「広場」という、昔は見なかった部屋というか空間があるぞ。それにしても・・・、この家、けっこう広いぞ(くそぉ)。

 今、近所で家を作っていて、ちょうど土台ができたとこ。この絵本で見えている青やオレンジのパイプもつながれています。今の配水管ってああいうのなんだ。

 監修は住宅事業大手の住友林業。対象年齢小学1〜4という子ども向けのシリーズですが、今回も大人が見て勉強になるしっかりしたものです。

今日の本

ひとり出版入門 つくって売るということ

 『ひとり出版入門 つくって売るということ』(宮後優子:著 よはく舎)、読了。

 すべてをコントロールして納得のいく本を作りたいと考える個人による、ひとり出版が近年、増えているそう。本書は、事業として本を作り販売するまでの実務の流れや必要な知識を解説したものです。著者は Book&Design というひとり出版社の代表です。

 先日、『「本をつくる」という仕事』という本を読んでいまして、どちらも出版という仕事に関わる本ですが、あちらは本ができあがるまでの過程に存在する様々な仕事をノンフィクション作家が一般の読者向けに紹介するというものだったのに対し、こちらはひとり出版を始めたいと思っている人が基本的に対象の、実務書に近い内容です。

 なので、ノンフィクション作品のように読める本ではありませんが、文章はわかりやすく読みやすいので、関心があれば門外漢でもなんとかついていけると思います。

 わたし自身はこれまで出版業界とは無縁の仕事をしてきた者で、ひとり出版を始める予定もないのですが、複数ある本の流通方法とか、ISBN の付け方とか、あるいは出版部数や重版を決める時の考え方などを知ることができて、楽しめました。以前から「奥付で発行元と発売元が異なった会社になっている本があるのはなぜだろう?」とうっすら不思議に思っていたのですが、本書でその漠然とした疑問が期せずして氷解。本を読んでいて、こういうことがあるとなんだか嬉しい♪

 出版社の仕事の流れが簡潔にまとまっているので、出版業界への就職を希望している人も一読しておくと参考になると思うのですが、どうでしょう?