メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

ロシアのなかのソ連

 『ロシアのなかのソ連』(馬場朝子:著 現代書館)、読了。

 著者は1970年代に旧・ソ連に6年間留学していたという経歴の持ち主で、その後、旧ソ連・ロシア関係のテレビ番組をいくつも手がけた制作者です。

 本書はロシアのウクライナ侵攻後の2022年9月に出版されたもので、戦争が続いている現状を踏まえつつ、著者の長年の経験をもとに、実は未だ「ソ連」の影が払拭されずにそこかしこに残るロシアとはどんな国なのか、紹介する本です。

 長年、まったく別体制で運営されてきた国家がいきなり民主化、資本主義化しようとしても、そう簡単にうまくいくものではないということが痛感させられます。教条的に「民主主義・資本主義こそが正しい!」と信じ、どの国でもこれらを適用すればよいのだと安直に思いがちな我々も十分反省の余地があると感じます。

 それにしても、かつてアフガニスタンで深い傷を負ったにもかかわらず、再びウクライナで泥沼に突っ込んでしまうとは。歴史から学ぶということが、実はそんなに簡単ではなく、とても難しいことなのでは、などとも考えさせられてしまいます。

 一方、女性の社会進出や芸術への敬意は、今の日本も見習うべきところがあるんじゃないのと思ったり。

 そういえば、去年、やはりウクライナ侵攻後に出たロシア紹介のエッセイを読んでいました。

 当然と言えば当然なのですが、一般のロシアの人々に対する印象が、両書でかなり共通しているのがおもしろいです。

今日の本

そこに工場があるかぎり

 『そこに工場があるかぎり』(小川洋子:著 集英社)、読了。

 小説家の工場訪問記。なぜまた、小説家が工場に? ひょっとして業界誌での連載だったのかしらと思ったのですが、そういうこととは全く無関係で、著者本人が子どものころから工場に関心があり、工場についての本を作りたいと希望していたことから、実現したものらしいです。おやおや。

 工場について書かれた本というだけなら、他にもたくさんあると思いますが、新聞の経済担当記者やノンフィクション作家の手になるものとは、描写の力点の置き方とか、見学したものに対する想像力の展開のしかたが、著者が小説家だからなんだと思うのですが、だいぶ違っているような感じです。

 そのへん、人によって好みが分かれそうですが、わたしはふだん読んでいるものとの感触の違いがちょっとおもしろかったです。

 「ポッキーの軸とプリッツは実は全く別物」(グリコの工場)とか、競技人口の裾野を広げ、生涯楽しめるスポーツにするために「課題は指導者の意識」(競技用ボートの工場)とか、街で保育園のおチビたちが何人も乗っているワゴンのようなカートのようなあの乳母車には「サンポカー」という名前がつけられている(乳母車の工場)とか、鉛筆の芯の材料・黒鉛には「鉛」という漢字が使われているがその成分に鉛は含まれていない(鉛筆の工場)といった、知って楽しい豆知識や共感できる言葉が幾つもあって、そこもまた良かったです。

今日の本

古代中国の24時間

 『古代中国の24時間』(柿沼陽平:著 中央公論新社)、読了。

 古代中国、紀元でいえば前200〜後200年あたりの人々が、日々どのように暮らしていたか、朝から晩までその行動を再現してみよう、という本です。

 着眼点がおもしろいし、内容もそれに劣らずおもしろいです。

 実はこうした研究は難しいと思います。現代はともかく、古代では字が書けて記録を残せる人というのがまず限られていたわけでありまして。なので、記録として残っているものがまず少ない。さらにその少ない記録に書かれているものは、大概、エラい人のかかわった特別な出来事ばかり。庶民の日常行動なんて、なかなか書き残してくれたりはしないのです。朝起きたらまず何をするのか、買い物はどこでして店では何を売っているのか、とか、当時の人たちにとっては当たり前のことなんか、わざわざ貴重な筆記用具を使ってまで記録を残す必要は感じなかったでしょうしね。

 もうずいぶん前の話になりますが、平安時代、お米をどうやって調理していたのか、実はよくわかっていない、現代と同じように炊いていたのか、違うのか、わからない、という話を聞きました(ずいぶん前なので、今は解明されているかもしれませんが)。やっぱり、こういうことって記録がないんですね。

 現代と案外似通っていたり、全然違ったりするので、読む方は「わぁ、昔の中国の人はこんな風に暮らしてたのね」と楽しいのですが、書く方は先行研究が乏しい上に数少ない記録を求めておびただしい史料文献にあたらなければならず、大変だっただろうというのは理解できます。巻末に並んだ大量の注記でも明らか。お疲れ様です。

 文字史料以外にも、壁画や明器なども重要な史料として使ったとのこと。明器とは、死後の世界を信じていた古代中国人が、死者が死後の世界で使えるようにと作られた日用品などの模型のことで、副葬品の一種です。10年以上前に博物館で実物を観る機会があったのですが、ああ、確かにいろんなものがミニチュア化されてて驚いたっけ。死者だけでなく、後生の役にも立つのね(笑)。

今日の本

近代日本外交史

 『近代日本外交史』(佐々木雄一:著 中央公論新社)、読了。

 副題にある「幕末の開国から太平洋戦争まで」の期間の日本外交史に焦点をしぼった概説書です。著者は外交史の研究者。

 本書の扱っている期間は激動の時代で大きな出来事がたくさんありましたが、本書は外交に関係の薄い事項にはほぼ触れず、徹底して話題を外交に集中させています。それほど厚い本ではなく、重要な事項についてはもっと深く詳述してほしかったなと思う箇所もあるのですが、新書1冊でこの期間の日本の外交をまとめているのは評価できるとも思います。

 学校の先生が書いた本ということもあって、大学の授業のテキストで使われそうな文章・内容の本です。エンターテイメント的なものを期待して読むものではないでしょう。

 著者が何度も繰り返し書いていることは、「実際に対外交渉にあたっていた外交当局者とそれ以外の者との間で認識にズレがあったこと」で、これがこの期間の日本外交の大きな問題となっていた考えているようです。

 日清戦争前の日本には自らが主導することを前提とした明確な対朝鮮構想は持っていなかったという指摘や、全体として登場する人物個々の評価はあまりしていない中で、著者が別に伝記を書いている陸奥宗光についてはやや辛い点をつけているところが興味深いです。

今日の本

ロザリーのひみつ指令

 『ロザリーのひみつ指令』(ティモテ・ド・フォンベル:作 イザベル・アルスノー:絵 杉田七重:訳 あかね書房)、読了。

 短いお話です。もとは2014年にフランスで出版されたお話。これに2018年、カナダのイラストレーターが絵をつけたものだそう。出版社による対象年齢は小学校中学年からとのこと。

 第一次世界大戦中のこと。赤毛の女の子・ロザリーは5歳半。お父さんは戦争に行き、お母さんは戦争が始まってからずっと工場で働いていて、ロザリーは小学校に預けられている。心の中でロザリーは「ロザリー大尉」になり、密かにある任務を果たそうとする・・・。

 対象年齢ならともかく、大人は出だしで、もうちょっと辛くなってしまいます。

 「いつもいいニュースばっかりで、悪い知らせはない。」

 どこの国でもそうなんでしょうか。かつての我が国、今の彼の国。

 「あたしの頭のなかには戦争しかないんだから。戦争より前のことは、小さすぎて何もおぼえてないんだから。」

 ・・・(悲)。

今日の本

ケルトの世界

 『ケルトの世界』(疋田隆康:著 筑摩書房)、読了。

 古代ケルト人の実像に迫ることをテーマにした本です。ギリシア・ローマの古典文献、考古学的知見、さらには遺伝子解析なども援用しつつ、主に伝承されてきた神話をもとにケルト人とはどんな人々だったのかを考えるというもの。

 著者は古代ケルト史を専門とする研究者。

 実はなかなか難しいテーマです。というのも、そもそも「ケルト人とは、いかなる人々を指すのか」という定義の段階で学会でも意見が分かれているそうで。

 また、ケルト人自身が残した文献資料は非常に限られており、ケルト人ではない外部の人物が観察して書いた記録(有名なカエサルの『ガリア戦記』とか)に頼らざる得ないのですが、それとて潤沢にあるわけではないそうです。

 そういった事情もあって、明快な結論は出ようはずもなく、読後、隔靴掻痒の感を免れることはできませんでした。ただ、それは著者の側の問題ではなく、一般向けに入っていきやすいよう神話を切り口に、現段階でとりあえず言えそうなことをがんばって解説したのだけれど、それでもこれが精一杯、というところなのかなとも思います。

今日の本

落窪物語

 『落窪物語』(花形みつる:編訳・絵 偕成社)、読了。

 平安中期に成立されたとされ、『枕草子』でも触れられているという物語を、児童文学作家が今風の語り口で親しみやすく仕立て直したもの。出版社によると、対象は小学校高学年からとのこと。

 どんなお話かと言うと、和風シンデレラ、ですね。こういうストーリーは古今東西、共通なんだとわかります。

 ヒロインのお姫様を助けるのは魔法使い、じゃなくてお姫様の侍女。「あたしが、ひめさまを幸せにしてみせます!」という彼女の語りで物語は進行します。その口調は完全に現代(ちなみに出版されたのは去年)。「ポーカーフェイス」とか「貴公子ランキングナンバーワン」とか、そんな言葉、平安時代にあるかい!(笑)

 ポップです。古典文学、なんていうとちょっと構えてしまいますけど、いいんですよ、こんな感じで。マジメに堅苦しく(退屈に)原典と付き合うより、まずは楽しく親しめることが大事。わたし、けっこう、こういうノリ、好きです。

 要所要所にイラストで、この時代の用語や衣装、習慣などを説明してくれているところもナイス。

今日の本

アイルランド現代史

 『アイルランド現代史』(北野充:著 中央公論新社)、読了。

 わたしにとってアイルランドというと、まず音楽。歴史についてあんまり。本書では冒頭・第一章にあてられているアイルランド独立闘争を描いたケン・ローチ監督の作品『麦の穂をゆらす風』(本書でも触れられています)は良い映画で、観ているんですが、その時代背景はよくわかっていませんでした。なので、改めて勉強のつもりで読みました。

 20世紀以降、独立から現在までのアイルランドの歴史を、政治・外交を中心に一般向けに解説したもの。著者は本書発表時駐アイルランド大使だった外交官。専門の研究者や著述家ではありませんが、基礎知識としての独立以前、イングランド支配下の状況から経済発展を遂げた現在のアイルランド、そして最後の「日本はアイルランドから何を学べるか」まで、よくまとまっていて流れもスムーズで、堅い内容ですが読みやすいです。

 わたしが音楽などを通じてアイルランドを意識するようになったのは1980年代のころだったかと思いますが、そのころのアイルランドは「西欧の最貧国」などと呼ばれるくらい貧しく、話題になることとといったら北アイルランド問題にからんだテロ、という有様でした。そういえばテロの話はすっかり聞かなくなりました。まだ予断を許さない状況は続いているようですが、少なくともかつてと比較すればはるかに穏やかになったのは、経済成長と並んで喜ばしいことです。

今日の本

ジュニア版 図書館ねこデューイ

 『ジュニア版 図書館ねこデューイ』(ヴィッキー・マイロン:著 岡田好惠:訳 霜田あゆ美:絵 KADOKAWA)、読了。

 『図書館ねこデューイ』は以前読んだことがあるのですが、それとは別にジュニア版が出ていました。

 対象は小学校中学年からとなっています。翻訳者が替わり、児童向けに全く新しく翻訳したそう。内容的にも原作者自身の人生に関する部分を省いて、デューイを中心に構成し直したとのことです。

 前の訳書を読んだのはもう10年以上前で、どんな訳文で、原作者自身についてどの程度書かれてていたのか忘れてしまいました。なので、比較はしづらいのですが、児童向けとして良いものになっていると思いました。デューイ中心のお話にしたことで流れがスッキリしたと感じますし(原作者の境遇とか、小学校中学年あたりでは読んでもピンとこないでしょうし)、訳文も対象年代が理解しやすいものになっていると思います。追加された絵もいい感じ。

 蛇足ですが、1998年に地元アメリカ・アイオワのテレビ局が撮影したデューイの動画が YouTube で観ることができます(下記リンク)。原作者も登場し、図書館の様子もわかります。レポーターに抱っこされて、生前のデューイがゴロゴロ言ってるのも聞こえます。

今日の本

ぼくたちクルド人

 『ぼくたちクルド人』(野村昌二:著 合同出版)、読了。

 去年『マイスモールランド』という映画を観まして。偶然ですが、それとほぼ同時期に出た本です。

 映画は難民認定を受けられなかった埼玉県在住のクルド人家族の物語でした。こちらは実際に日本で暮らすクルド人の置かれた状況を知らせるノンフィクションです。

 まず、映画で描かれたクルド人の日本での立場がほぼ実態に沿ったものだということがわかります。なので、映画で関心をもたれた方はお読みになるとよろしいかと。

 クルド民族がどういう人々で、なぜ故郷を離れて日本に来ざるえなかったのか、映画ではあまり説明されていませんでした(それやると長くなりすぎるでしょうし)が、この本ではそのへんを含めたクルド民族の簡単な紹介もあり、理解の助けになります。

 そして、読んでいて辛いのは、日本の難民認定の狭量さや入管(入国在留管理局)のやり方の悪辣さ。難民条約に加入していながら難民保護などやる気はないのがミエミエだし、難民認定や在留許可を求める人たちをまともな判断もせずに半ば犯罪者扱い(入管の収容施設での待遇はどうかすると刑務所よりひどいとか)し、国連からは逆に日本の入管施設で死亡者が多発していることなどにより、日本の入管制度は国際人権規約に反していると指摘される始末。

 そのくせ、今さら人手不足だからとご都合主義でなんだかよくわからない外国人労働者のグレーな受け入れ拡大を図ったり、国際社会へのええカッコシイで一部の戦争避難者だけ特別に在留を認めたり、一言で言うなら、「反吐が出るぜ」、です。情けない。くそっ、こんな国だったなんて、腹が立つ。