メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

藤原仲麻呂

 「藤原仲麻呂」(仁藤敦史:著 中央公論新社)、読了。

 奈良朝の一時期、権力を握ったものの最後は反逆者として斬られた貴族政治家・藤原仲麻呂(恵美押勝)の伝記です。

 名門に生まれ、叔母である光明皇后による重用をいいことに専横甚だしく、結局反乱を起こし敗死したということで、あまり評判の良くない人物ですが、本書では彼の功績にも光を当て再評価を試みています。彼の政策が後の時代に与えた影響は大きく、その点を無視すべきではないとのこと。

 また、いわゆる「藤原仲麻呂の乱」について、実態はむしろ孝謙上皇による権力奪回目的のクーデターであり、「孝謙上皇の乱」と呼ぶのがふさわしいとしています。

 「あとがき」で著者は「従来の類書がしばしば強調してきた、皇位継承のみに収斂する『政争史』や藤原氏の『陰謀史観』を極力排除した」としています。う〜む、それ、大事かも。

今日の本

レンブラントの身震い

 「レンブラントの身震い」(マーカス・デュ・ソートイ:著 冨永星:訳 新潮社)、読了。

 AIの急速な発展に実存的な危機感を感じた数学者である著者による、AI最前線探訪記、的な科学エッセイです。

 非常に秀逸な読み物で大変おもしろかったです。

 厳密な論理性が重要で抽象性の高い数学は、コンピュータととても相性が良さそうですものねぇ、著者の、いずれ失業しかねないという不安は確かに杞憂ではないかも。それを正直に吐露しつつAIがゲーム、絵画、音楽その他広い分野ですでに実現した業績を追いかける著者の姿勢には好感が持てます。

 それにしても、AIの話以上に、現代数学は複雑になりすぎて専門家でもその正当性の検証が困難になっているという現実が怖かったりして。

 AIが人間では手に負えない厄介な問題の解決策を提案してくれるのはいいとして、その解決策がほんとうに妥当なものなのか、それを検証するのもやはり困難で、AI研究の大きな問題の一つになっていると聞きますが、さて。

 最近のAIの急速な進展には、コンピュータに人間の指示した通りのことをさせるのではなく、コンピュータに大量のデータを食わせてコンピュータ自身に学習させる手法(機械学習)の貢献が大なのですが、そうすると必要なデータが手に入るか、あるいはコンピュータに食わせられる形のデータにできるのかが、その分野にAIが進出できるかどうかの鍵になりそう。それ次第で応用範囲が左右されるんでは。

 などと、いろいろ考えさせられる本でした。著者は他にも一般向けの著作があるそうなので、また読んでみよ。

今日の音楽 ー 今年も秩父には行けそうもないけれど

CHICHIBU

 埼玉県秩父のギタリスト・笹久保伸の新作が出ました。"CHICHIBU" です。

 彼は以前、「秩父遥拝」というアルバムを出していまして、そちらは秩父の仕事歌がベースでしたが、今回はすべて自作曲です。

 今回は各曲、他のミュージシャンとの共演となっているのが特色。Sam Gendel 、Joana Queiroz 、Monica Salmaso 、Antonio Loureiro 、marucoporoporo 、Frederico Heliodoro の6人がアルバム全6曲のそれぞれ1曲に参加しています。全員、知らない人だ・・・。ブラジル4人、日米各1人らしいです。

 前に聴いた "OU BOIVENT LES LOUPS" や「ギター」は、「孤高」という印象でしたが、今回は少し違うかな。ギターの感触は変わっていないと思うのですが、重苦しさが薄れて空間が広がったような。やはり曲に対して他の人の解釈が加わると変わるものなのでしょうか。ゆったりと聴ける感じです。

 正直、本作と秩父との関連性はよくわからないのですが、行きたくなりました、秩父。来年は行けるかな。

VirtualBox + Windows 10 + RC-S380

RC-S380

 いろいろ使うことになりそうなので、マイナンバーカード、作りました。

 マイナンバーカード利用者向けのポータルサイト、マイナポータルにログインするためにはカードの読み取りができる ICカードリーダライタかスマホが必要です。スマホはあるのですが、いちいちカメラでQRコード読み取りとか余計な手間がかかるようなので、ICカードリーダライタ・SONY の RC-S380 を買いました。

マイナポータルにログインできず

 しかし、Linux Mint ではログインできず。Linux は対応 OS に入ってないんですね。よくあることですが・・・。

 こういう時のために VirtualBox に Windows 10 を入れてあります。仮想環境上からでもデバイスをちゃんと認識してくれるかが問題ですが。

 結論からいうと、認識されます。最初、仮想環境の Windows 10 を起動した後で RC-S380 をホストの USB ポートに挿したら認識されませんでした。いったん、Windows 10 を終了させ、念のため、 VirtualBox マネージャーも停止・再起動させてから [設定] → [USB] の [USBデバイスフィルター] に RC-S380 を追加(ホスト上で認識されていれば、追加時の候補リストに出てきます)。

VirtualBox マネージャー [設定] → [USB] の [USBデバイスフィルター]

 それから仮想環境の Windows 10 を起動すると、RC-S380 が認識されるようになりました。マイナポータルにログインすることもできました。

 なお、VirtualBox のバージョンは 6.1 、Guest Additions は入れていますが、 Extension Pack は入れてません。

今日の本

戦国佐竹氏研究の最前線

 「戦国佐竹氏研究の最前線」(日本史史料研究会:監修 佐々木倫朗・千葉篤志:編 山川出版社)、読了。

 このところ、興味深い研究成果を一般向けに出している日本史史料研究会の近刊です。今回は佐竹氏できましたか。渋いな。

 序章で触れられているとおり、関東の有力戦国大名でありながら知名度は今一つの佐竹氏、平安時代の武将・源義光以来という伝統ある家なのにねぇ。

 イマイチの要因の一つに戦国期東国の勢力分布にあることが察せられます。有力大名ではありましたが、東関東諸勢力の「盟主」という立ち位置であったことが、人目を引く「自己主張」の乏しさとなってややぼやけた存在感につながってしまった感も。

 豊臣政権下、新時代への対応を模索する姿や天下分け目の関ヶ原合戦前後の状況もおもしろい。

 今回も興味深い内容でした。

今日の音楽 ー タイトルは「みんな、いっしょに」?

Con Todo El Mundo

 去年聴いた "Mordechai" が良かった Khruangbin 、さかのぼってみました。2018年の2作め、"Con Todo El Mundo" です。スペイン語でしょうか?

 最初に聴いたのが "Mordechai" だったのでうっかりしてましたが、この人たち、以前はインストメンタルばっかだったのですね。ただし、ボーカルの有無以外は "Mordechai" も本作も基本線は共通しています。

 気取った言い方をすればラウンジ・ミュージックですね。ソファーに深〜く体を預けてダラんと聴くのがよろしいような。ただ、「ラウンジ」っつっても、5つ星ホテル的な高級感はなくて、アングラな妖しげいかがわしげな感じが持ち味。

 モコモコしたベースが中央に居座り、その周辺でどこ産なんだかよくわかんないギターが奏でられるという。メロディは「哀愁の〜」みたいな。ちょっぴりヘンテコでいい感じなダサさ。

 "Mordechai" と比較すると、やはり歌無しのためか曲の印象が薄いきらいはありますが、本作もなかなかです。

今日の料理

わかめときゅうりのしらす和え

 きゅうりとしらすが安かったので、わかめときゅうりのしらす和えです。

 きゅうりは100均のスライサーで薄く切り、塩をふってしばらくおきます。その後で絞って水分を出します。

 塩蔵わかめは洗って水につけて戻してから食べやすい大きさに切ります。

 ウチは生姜もみじん切りにして入れます。

 後はきゅうりとわかめとしらすと生姜を、酢・ゴマ油・しょうゆ適量で和えて、できあがり。

 今回は白ごまも入れたんだった。

 絞った後のきゅうりの薄切りを他の具材と混ぜる時、一枚一枚はがさなければいけないのはめんどうですが、それ以外は簡単。

昨日の行楽

 緊急事態宣言も解除となり、新型コロナの感染状況もどうやら落ち着いたようですし、さすがに謹慎状態にはうんざりで、そろそろお出かけしたくなりました。とはいえ、人混みは避けたいところですんで、平日の昨日、久しぶりにランドナーを出して東京都府中市まで行ってきました。自宅から40kmほど。目的はコレ。

府中市美術館:「開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」

 観る前に、8時前に家を出発して着いたのは11時過ぎで、すっかりお腹が空いていたので館内のカフェで昼食。

手ごねハンバーグのランチ

 手ごねハンバーグのランチです。ご飯は玄米で大盛です。さほど大盛ではないなと思ったのですが、周囲は女性ばかり、客層に対応した大盛なのですね。美味しかったです。

 食べ終わって、さて本題へ、というところで、なんと、

本日無料観覧日です

でした。むう、日ごろの行いの良さが効いたのか。無料期間は10月10日までだそうです。

 市の美術館ですのでそれほど規模が大きいものではなく、1時間少々で見て回れるこじんまりとした展覧会ですが、なかなか充実した内容で楽しかったです。平日なので比較的空いていてじっくり観られましたし。

 まず、お出ましなのが伊藤若冲の「象と鯨図屛風」、これはけっこう有名ではないですかね。上田公長の「雪中熊図」、江戸時代の日本画でクマって珍しいような気がしますが、なかなか質感が写実的。これに対して、虎の絵は複数展示があったのですが、どれもなんかウソっぽいというか変な虎になってしまっています。日本にはいなかったからか、架空の動物っぽい描き方。

 動物が描かれた西洋画も展示されていまして、日本画との描き方の違いがよくわかります。

 遠藤曰人「蛙の相撲図」のおトボケ感や鍬形蕙斎「鳥獣略画式」のマンガっぽいところが好き。

 一部で注目されているという徳川家光(江戸幕府三代将軍その人です)の動物画は、なるほど独特の味わいがあります。江戸幕府全盛期の将軍という肩書とは裏腹の、情けないというか頼りないというか、そんなたたずまいが、むしろ孤高で唯一無二、という評価もできるかもしれないけど、どうなんだろ、コレ、とも言いたくなるような、ああ。

 陽の高いうちに帰途につきました。きれいに晴れ、10月とは思えぬ暖かさで半袖Tシャツ一枚でちょうと良い心地、でも夏のようなきつい陽射しはなく、気分良く走れました。

 もっとも往復で80km超、運動不足がたたって終盤はちょっと厳しかったですが、その疲れともども「オレ、生きてるわぁ」という不思議な実感が収穫になりました。

今日の音楽 ー もう一押しが足りない

If You Saw Thro' My Eyes

 Thompson 翁関連旧作シリーズです。今回は Ian Matthews のソロ作を再び。1971年の "If You Saw Thro' My Eyes" です。

 "Tigers Will Survive" の前作で、Matthews Southern Comfort の後になります。翁や Sandy Denny 、後に一緒に Plainsong を結成する Andy Roberts らが参加しております。翁が参加しているのはクレジット見なくてもギターの音でわかります。

 彼らしい、アメリカのフォーク/カントリーからの影響を英国的なセンスで表現した音です。そして、Ian Matthews といえば、あの切々とした歌声ですね。

 美しい音です。なんですけど、ちょっと物足りない。彼の紡ぐこの音楽が好きで好きでたまらないという人はこれでよいのでしょうが、前後の作品と傾向が近すぎて印象に残らないのです。個人的には "Plainsong" が大好きなので、どうしても "Plainsong" を基準にして評価してしまうので。厳しい?

今日の料理

とうもろこしご飯

 ちょっと時期外れですが、とうもろこしご飯です。たまたまネットでとうもろこしご飯の記事を見て、食べたくなって作りました。

 作るのは簡単で、ふつうにご飯をといで、しばらく水に浸して、炊く前に塩と日本酒少々、とうもろこしは皮をむいてひげをとって半分に切って、実を包丁でむいて、実と芯をお米の上にのせて、あとはいつもどおり炊飯器で炊くだけです。芯もいっしょに炊くのがポイントらしい。もちろん食べる時はのけちゃいます。

 いい感じでできました。おいしいです。バターや醤油を入れてもよいらしいので、また試してみます。