メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー ヨーロッパといっても広うござんす

Village Music of Bulgaria

 またノンサッチの「エクスプローラー50+」から。

 "Village Music of Bulgaria" 、ブルガリアの民族音楽です。収録は1968年とのことです。共産主義時代まっただなかで、よく録音できたなと思います。

 1曲めの女性コーラスが典型ですが、はりあげるような発声で歌うのが特徴的に感じます。女性だと悲鳴に近いようなときもあります。

 楽器演奏だとなんだかイスラムっぽい気がします。そういえば、ここは長いことオスマン帝国の支配下にあったんだっけか。

 ヨーロッパの音楽というと、どうしても西の方ばかりが印象にあるのですが、そちらの方とはだいぶ異質な感じがあります。なるほど、ヨーロッパも広いしね。