メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 20年振り

Beautiful Life

 どうしたことか、たまたま Susan Voelz のことを思い出しまして。

 その後どうしてんのかしらと少し当たってみたところ、2016年に "Summer Crashing" から20年振りとなる3枚目のアルバム "Beautiful Life" を出していました! 調べてみるもんですね。

 で、買った後でわかったのですが、これ、Prince のカバーアルバムでした(一部オリジナルあり)。この年に Prince が亡くなったというのがあるのでしょうが、20年振りでどういう展開なんだか。わからん人だ。

 わたしは Prince にはほとんど関心がないので、実は「これ、買って失敗したかな」と思いました。しかも、わたしでも知っているような超有名曲、例えば "1999" 、"Purple Rain" 、 "Raspberry Beret" 、"Kiss" 、"Batdance"(おお、それでもけっこう知ってるわ) といった曲は含まれていないので、なおさらな感じでした。

 が、良かったです(あっさり)。元を知らないのがかえって幸いだったのか、Prince のカバーアルバムだということを忘れてしまっても全然おっけーな良質な作品だと思います。Prince 的ファンク、ダンスの要素はほぼなく、感触が "Summer Crashing" に近くて "Summer Crashing" の2年後くらいに出たアルバムのような印象です。彼女、声・歌い方が変わってないし。全体の色彩はメランコリックなのに、人懐こさがあるところがいいです。

 また、アルバム、出してね。