メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー なんだか心配

Age Of Apathy

 Kronos Quartet の Pete Seeger 記念アルバム(2020年)に参加したりと、活動自体はいろいろしていたようですが、スタジオ・フルアルバムとなると2016年の "In the Magic Hour" 以来になるのかな、Aoife O'Donovan です。今年出た "Age Of Apathy" を。

 題は直訳すると「無関心の時代」。歌声は変わっていないのですが、これが今の彼女の心境なのか、沈んだ雰囲気の曲が並びます。音もシンプルで装飾は控えめ。かつてのフォーク系シンガーソングライター的作風といいましょうか。

 でも、どうなんでしょうね? "In the Magic Hour" やその前の "Fossils" にはもっとポップで明るめの感覚がありましたし、率直な感想としてはそういった曲を交えた旧作の方が好きです。7年前、I'm With Her のライブで拝見した彼女は陽気な感じの人でしたが。これもコロナ禍の影響?