メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

母親になって後悔している

 「母親になって後悔している」(オルナ・ドーナト:著 鹿田昌美:訳 新潮社)、読了。

 ドキリとする題です。そう感じた方は少なくないのでは?

 題のとおり、母親になったことを後悔している女性についての研究の報告書です。研究に協力してくれた23人の女性に対する長時間のインタビューがその基礎になっており、その対話の内容がかなり紙幅を割いて紹介されています。著者はイスラエルの社会学者。

 「母親になって後悔している」などと発言するのは本書の指摘を待つまでもなく、社会的な禁忌、反道徳的行為(まともな女性でそんなことを考える人がいるはずない、いるとしたら異常者!)とみなされるのが現実で、この調査にあたってはネット上で怖ろしいまでの批判にさらされたそう。

 しかし、本書を読む限り、協力者たちは自分の考えをきちんと話すことができる女性ばかりで、異常者という印象からは程遠いです。そして、その苦悩は極めて深いものです。

 貧困その他、困難な立場に置かれているために母親としての義務を果たすのが辛い、ということから後悔を感じている人もいるようです(これは大方の予測の範囲ではあるでしょう)が、そうした立場とは無関係に、そもそも母親という役割が苦痛に外ならない、としている人もいます。そして、我が子への愛と母親になってしまったことへの後悔は、別次元のことだとも。

 著者の論考の部分は意味が取りにくい言い回しが多くて、読みやすいとは言えません。しかし、暗い沼の底に沈められて顧みられてこなかった思いに光を当てたことには意義があると思います、その思いが実際に存在する以上は。

 それと、母親がその立場(自分を無にして子に献身する)に疑問を持たないこと、それが現在の社会システムの前提になっている、という著者の指摘には、「確かに」と感じました。