メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2

 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2」(ブレイディみかこ:著 新潮社)、読了。

 著者の息子さん(日本なら中学生)の英国での学校生活を中心にした身辺記の続編。

 やっぱり十代は成長が速い。何を今更な感想ですが。

 それにしても実際の国政選挙にあわせて学校で模擬選挙を行い、そのために授業で各党の政策を勉強するとか、音楽の授業でビジネスのことまで教え、興行担当としてコンサート会場の提案をするためのプレゼン資料を作れという宿題が出たりする英国の中学校って楽しそうに思えます。わたしもそういう勉強がしたかったな。こちらが思ってるほどあちらの実情はそんな甘いものでないのでしょうけど(他の箇所も読めばそれも感じます)。

 今回、(一部の人にとっては)衝撃的なのは英国生まれ英国育ちの息子さんが、学校の試験に出た「ビートルズの全メンバーの名前を挙げよ」という問題(そーいう問題が出るというところがまた)で間違えてしまったという事。しかもお母さん、音楽ライターでもあるのに。

 著者も言っていますが、そういう時代になったということなんですね。別のところで、今や音楽やスポーツは、道具を買ったり教室に通わせられたりする余裕がある家庭の子が優位になる、というようなことも書いていて、そういや確かにロック・ミュージシャンでも音楽学校出身なんて人たちが珍しくなくなりました。それが悪いこととは言えないでしょうが、貧乏人が成り上がる手段ではなくなってきているわけで、買う金がないからって楽器店からベースギターを借りパクしてそのままツアーに出て返さなかった人がロックスターになる( Ron Wood )とか、なくなるんだろうな。それが良いことかと言うと、う〜ん・・・。もちろん借りパクはダメですよ、ダメ。けどね。