メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

実践Django

 「実践Django」(芝田将:著 翔泳社)、読了。

 Python によるウェブアプリケーションフレームワーク・Django の解説本です。Ver. 3.2 対応です。

 Django の解説本は以前、「Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本」を読みました。あちらがウェブアプリケーションを作った経験に乏しい、あるいはまったくないといった初心者を想定した内容であったのに対し、こちらはある程度経験のある中級者向けだと思われます。

 最初に著者の想定している読者として、「Python の基本が理解できている」・「簡単なウェブアプリケーションの開発経験がある(言語やフレームワークは問わない)」とありました。

 こうした実践向けの技術書は、自分にあったレベルのものを選ぶのが大事で、買う前にまず実物か出版社のサイトで読者想定を確認した方が経験上失敗が少ないと感じています。合わないのを買ってしまうと、時間もお金も無駄になってしまうので。

 本書についていえば、この手の本ではよくある開発環境構築の説明が一切ありません(動作環境の一覧があるのみ)。なので、そのへん、自分で対処できる人でないと厳しい内容になっています。

 その代わり、簡単なアプリケーションを一通り作って、ハイ、おしまい、というものではなく、フレームワークの基盤になるモデル、ビュー、テンプレート、フォームについて、わりとしっかり説明しています。テストについても1章設けて言及があるのはよいですね。

 Django の解説書は現時点ではあまり数が出ていない中、お試し・お勉強にとどまらない、実務でも参考になる内容で貴重です。

 しかし、Django も Ver. 4 が出ちゃったからなぁ、また新しい参考書が必要になりそう・・・。