メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 年の瀬、心に安らぎを

Sleep On The Wing

 今回は新規開拓。Bibio の2020年のミニアルバム "Sleep On The Wing" です。

 聴くきっかけは、よく行く某音楽紹介系個人サイトで高評価だったことからです。それ以前は名前もまったく知りませんでした。でも、新人ではなく、アルバムデビューは2005年。英国の人です。一瞬、「バンドかな?」と思いましたが、Bibio というのは個人の芸名だそうです。

 短めの曲が多いのでミニアルバムといっても10曲入っています。

 クレジット見る限りでは、演奏、プロデュース、その他一人でやっているようです。インスト中心で、フォークっぽい感触なんですが、きっちりテクノロジー使っているな、っていう音でもあります。アコースティック楽器の演奏とコンピュータを使った制作がまったく違和感なく融合しているあたりが、今の人という感じをジジイは受けるわけです、ハイ。

 穏やかで牧歌的でありつつどこか憂愁をにじませるところは、やはり英国的なんでしょうね。ロックンロール的では全くありません。部屋で一人、考え事をする時に向いている音楽というか。その点、クラシックやアンビエントの方に近いかも。

 なかなかいい感じです。他の作品も聴いてみようかな。