メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

藤原仲麻呂

 「藤原仲麻呂」(仁藤敦史:著 中央公論新社)、読了。

 奈良朝の一時期、権力を握ったものの最後は反逆者として斬られた貴族政治家・藤原仲麻呂(恵美押勝)の伝記です。

 名門に生まれ、叔母である光明皇后による重用をいいことに専横甚だしく、結局反乱を起こし敗死したということで、あまり評判の良くない人物ですが、本書では彼の功績にも光を当て再評価を試みています。彼の政策が後の時代に与えた影響は大きく、その点を無視すべきではないとのこと。

 また、いわゆる「藤原仲麻呂の乱」について、実態はむしろ孝謙上皇による権力奪回目的のクーデターであり、「孝謙上皇の乱」と呼ぶのがふさわしいとしています。

 「あとがき」で著者は「従来の類書がしばしば強調してきた、皇位継承のみに収斂する『政争史』や藤原氏の『陰謀史観』を極力排除した」としています。う〜む、それ、大事かも。