メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

北朝の天皇

 「北朝の天皇」(石原比伊呂:著 中央公論新社)、読了。

 先に題にツッコミ入れておきますと、南北朝合一後から応仁の乱前後までの天皇についても大幅に紙幅を割いて(全体のほぼ半分)取り上げてますので、「北朝期限定」ではないです。もちろん合一後の天皇はすべて北朝系ですので、まちがいというわけでもないのですが、念のため。

 なかなか、いいところに目をつけましたね。南北朝期の天皇というと、南朝側に注目が集まりがちで、北朝側は影が薄く、どんな人がいたのか知られていません。若い世代の研究者らしいというか。

 なるほど、名実ともに君主(=最高権力者)たることを目指したものの大方には受け入れられず消えていった南朝に対し、「名」はともかく「実」については目をつぶって武家に思いっきり依存することで生き残りに成功した北朝。そんな北朝の見ようによっては涙ぐましい処世術をご紹介、というものです。

 文体に「頼朝の武士団」と共通する匂いがあります。このへんも若手らしい。わたしはけっこう好きなノリなんですけど、人によって評価が分かれそう。