メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 力作、でも不満

21st Century Love Songs

 The Wildhearts の2年ぶりの新譜が出ましたので、早速。"21st Century Love Songs" です。ジャケットは・・・、趣味じゃないな、とりあえず。

 元気です。爆音ロックンロールです。メンバー、皆けっこういいトシのはずなのに。

 それはいいのですが、前作でも感じた単調さが本作でも。

 中心人物の Ginger が The Wildhearts 以外のプロジェクトもいろいろやって発散してしまっているからなのか、それで The Wildhearts では原点回帰でってことなのか、似たタイプの曲が並んでいる印象です。

 昨今の沈滞した世情に反発するかのようなエネルギーに満ち溢れた騒がしさは好ましいのですが、彼らの良さはそれだけではないと思っているので、そのエネルギー量にもかかわらず何か物足りないです。

 もう少し遊びが欲しい。