メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

鎌倉仏教

 「鎌倉仏教」(平岡聡:著 KADOKAWA)、読了。

 いわゆる鎌倉新仏教諸派について、特に「専修」(読みはセンジュ・他の修行法を排し、一つの修行法のみを選択すること)に注目して解説したもの。まずは専修の意義から入り、先行する平安仏教の代表者である最澄と空海の思想に触れ、続いて栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)、法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(法華宗)、一遍(時宗)を紹介していきます。

 著者は仏教研究者であり、浄土宗の僧侶でもあります。

 今ではいずれも仏教の代表的な宗派としてよく知られているので「異端」という言葉が使われるのはむしろ違和感がありますが、紹介されている諸派は開祖の時代にはその革新性により、平安以来の伝統仏教側から迫害を受けることも珍しくありませんでした。時代の要請により登場した諸派が試練に耐え、異端から正統の地位を獲得し得たのなぜか。開祖たちは単純な思いつきで「異端」の主張を始めたのではなく、いずれも深い仏教の学識を持ち、長く思想的な苦闘を続けた末にそこにたどり着いた結果としての主張であり、それゆえに逆境と歴史に耐え抜く強靭な思想に発展したとしています。特に易行(容易にだれでも実行可能な修行)である念仏や唱題を専修すべしと主張する基盤として、相当な理論武装が必要だったと著者は考えています。

 仏教思想や時代背景になじみがないとなかなか理解しにくいところはあります。しかし、鎌倉仏教をこの分量で俯瞰した内容、しかも一般向けとなると簡単ではないはず。好著。