メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

古代日本の官僚

 「古代日本の官僚」(虎尾達哉:著 中央公論新社)、読了。

 律令体制下の官僚の勤務状況に焦点を当てた、ユニークな研究です。最近、日本史で従来とは異なる観点での研究が盛んのようで楽しい。

 しかし、現代的な基準でいくと、彼らの働きぶりはかんばしくないようです。

 天皇臨席の大事な儀式(朝廷的には)に、無断欠席者続出。特に下級官人に顕著。めんどうな仕事もバックレ。

 よくこんなことで統治システムが維持できたなと思うのですが、どうやらサボる連中が一定数いることを見越して体制を組んでいたようで。それはそれで問題あるような。

 規律を守らないならそれ相応の処罰をすべきでしょうが、そこも大甘だし、儀式に出席していない者の存在を「代返」で糊塗して儀式を成立させてしまうとか、いったい何をやってるんでしょうね。

 本書の副題に「天皇に仕えた怠惰な面々」とありますが、「怠惰」という風に言ってしまうのは、わたしは少々躊躇します。というのも、著者も指摘しているとおり、下級官人の出自はもともと儒教的官僚倫理の伝統などまるっきり持っていなかった古代日本の中小豪族、場合によっては一般庶民だったわけで、そうした人たちが法令に基づく規律正しき忠勤ができないからといって、「怠惰」はなんか気の毒。むしろ、それを求める方が「無茶」では・・・。

 日本の律令はご存知の通り、唐の律令をお手本にしているわけですが、初の統一王朝の秦以来とするならば、本家の中国でも800年以上の歳月をかけて試行錯誤して唐の律令にたどりついたのでありまして、それを手直しが入っているとはいえ、強引に導入してもなかなか一朝一夕には身につかなかった、結局身の丈に合わなかった、っていうのを強く感じさせられる本です。この前読んだ「平安京はいらなかった」もそうでしたね。律令と実態の乖離、というのはおもしろいテーマで、これからもいろいろ研究が出てきそう。期待してます。

 それと古代の人事官庁であった式部省が強い実力を持っていた、というのも興味深い話です。「組織の要諦は人事なり」などと現代の企業社会でも言われますが、それは古代も同じ?