メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 続・弦楽四重奏によるフォークソング

Long Time Passing

 弦楽四重奏楽団の Kronos Quartet は2017年にゲストボーカルを招いてフォーク系の曲のカバー集 "Folk Songs" を出していますが、今回はその続編的な作品にあたるのでしょうか。アメリカのフォーク中興の功労者とされる Pete Seeger を取り上げ、ゲスト多数のためか、今回は Kronos Quartet And Friends 名義です。2020年の "Long Time Passing" です。

 Pete Seeger については詳しくないのですが、聞き覚えのある曲がいくつか。The Byrds で聴いた "Turn, Turn, Turn" や中学の英語の授業で歌わされた "We Shall Overcome" 、"Where Have All the Flowers Gone?" も Pete Seeger でしたか。

 こういう素材を有閑婦人らが優雅に談笑されるカフェ向けっぽく、おしゃれクラシック風に演奏された日にはすっごいヤな感じなんですが、彼らはそうなりませんね。むしろ、そこはかとなく尖っています。偉い。

 前作に引き続き Sam Amidon が参加してますね。Aoife O'Donovan もいるじゃないですか、"Kisses Sweeter Than Wine" 、よいです。