メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

家司と呼ばれた人々

 「家司と呼ばれた人々」(日本史史料研究会:監修 中脇聖:編著 ミネルヴァ書房)、読了。

 日本史史料研究会は、「歴史史料を調査・研究し、その成果の公開を目的にして」いる団体だそうです。

 近年、監修というかたちで興味深い本にたくさんかかわっていますね。一般にはそれほど知られてはいないけれど、歴史好きなら気になっているようなテーマのを。わたしも何冊か読んでいます。

 今回は家司(「けいし」と読みます。変換で出てこなかった・・・)です。また渋いところですね。家司とは、律令制にその起源があり、公家の家政を担う職員を指します。特に平安時代の摂関家にからむ場面でよく出てきますね。時代の変遷とともにその役割を変えつつも、主人たる公家とともに結局江戸時代まで存続します。

 あくまで裏方、歴史の主役になるような人たちではなかったので、なかなか取り上げられる機会が少なかったのもいたしかたないところですが、そんな家司を中心にすえて通史的にとらえよう、という考えようによってはけっこう野心的な本です。しかも一般向けだし。

 律令制期から江戸時代までと非常に長い期間について、複数の著者が分担して、ということでややまとまりが欠けるきらいはありますが、このテーマで本が出ること自体貴重。