メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー スターではなかったけれど

Ballywonderland

 "See Me" 期の Ronnie Lane の仲間であった Henry McCullough 、2016年に亡くなっていたんですね。"See Me" 参加後も彼は地道に音楽活動を続けていて、ポツポツとアルバムも出していました。本作 "Ballywonderland" は彼の晩年、1998〜2012年の曲を集めた編集盤です。2019年発表。

 聴きどころはやはり彼のギター。渋いのですが、渋さだけではなく、曲ごとに様々な表情を見せてくれます。キレも良し。

 ボーカルはちょっとモニョモニョした感じで決して一級品ではないのですが、歌に実直に向き合っている感じが良いです。枯れた味わいあり( "Failed Christian" での激発には驚きましたが)。

 自作曲中心ですが、The Beatles の "While My Guitar Gently Weeps" や Frankie Miller の "Drunken Nights In The City"(彼は Frankie Miller のバンドにもいたんでしたね。)のカバーが含まれています。

 注目すべき曲に "Live Long Rock & Roll" があります。これは Henry McCullough の曲ですが、ここで演奏しているのは彼自身ではなく、Henry McCullough's Fusiliers というグループによるもので、彼へのトリビュートになっています。で、その Henry McCullough's Fusiliers のメンバーですが、ボーカルに Gary Brooker 、ドラムに Nick Mason 、ベースに Paul McCartney 、ギターに Albert Lee 、キーボードに Chris Stainton 、バッキングボーカルに Paul Carrack と Paul Brady という、超豪華ジジイ軍団となっております。よく集まったもんだ。それだけの人だったんでしょう。