メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

誰が科学を殺すのか

 「誰が科学を殺すのか」(毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班:著 毎日新聞出版)、読了。

 転落しつつある日本の科学技術研究の現状についてのレポート。

 先日ここで紹介した「研究不正」とあわせて読むと、日本の科学の将来について絶望的な思いにひたれます(あうう・・・)。「貧すれば鈍す」とは、まさにこのことか。

 それでも理系はまだマシかも。こういう記事、読むと・・・。