メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

特攻隊振武寮

 「特攻隊振武寮」(大貫健一郎・渡辺考:著 朝日新聞出版)、読了。

 第二次世界大戦中に徴兵され、戦闘機の操縦士となり、特攻隊に配属されて出撃にまで至ったものの九死に一生を得た元陸軍将校の体験を記録したものです。元陸軍将校の談話と、背景となる戦争の推移の解説が交互に記述されており、後の世代にとっても理解しやすい構成になっています。

 特攻隊の現実というものが体験者本人によって語られる、非常に貴重な内容となっています。

 読後感は一言で言って「あまりに理不尽」。かつての日本、特に軍がそういう組織であったということは、知識としては知っていましたが、生々しく語られるその実情、戦争のためだけとはいいがたい硬直した理不尽さが、将来に夢を抱いていた多くの若者の命をひきつぶすようにして奪っていくさまはむごいとしか思えません。

 「戦争のない世の中に」という言葉が単なるお題目ではなく、血の叫びとして聞こえる、そういう本です。