メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 評価って難しい・・・

World On The Ground

 Sarah Jarosz の新作が出ました。"World On The Ground" です。アルバム5作目でしょうか。

 フォーク/ブルーグラス系の人ですが、それそのものというよりフォーク/ブルーグラス寄りのアコースティックポップという感じでしょうか。前作よりさらにポップ寄りという印象。

 そういえば前作も聴いていたのですが、ここでは取り上げませんでした。わたしが文章を書けなくなっていた時期というのもあるんですが、書けるような感想が思い浮かばなかったという作品でもありました。

 残念ながら、本作もその点は共通していまして・・・。

 作品として水準が低いとは思いませんし、評価する人はいると思います。実際、前作はグラミーとっているくらいだし。

 結局、わたしの好みの問題か・・・。