メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

菅原道真

 「菅原道真」(滝川幸司:著 中央公論新社)、読了。

 天神様ですね。菅原道真の生涯を丁寧に追った1冊です。なお、その死後、朝廷を震撼させ、彼が天神として祀られるまでになったきっかけである怨霊伝説については、ほとんど触れられていません。そのへんをむしろ詳しく知りたいと思う人も少なくないと思いますし、本を売ることを考えたらもっと取り上げた方がよかったでしょうが、あくまで人間・菅原道真の伝記に徹しています。潔いことです。

 道真は平安期においては特によく知られている人物の一人ではないかと思われますが、でも、学問に秀で栄達したものの罪を着せられて左遷された悲劇の人、ということくらいしか実は知られていないかもしれません。

 わたしも藤原氏の専横に抵抗した反骨の人、というイメージを持っていたのですが、実際にはもともと藤原氏との関係はむしろよかったようで、彼が若手官僚として頭角を現しはじめた頃、朝廷を主導していた藤原基経は道真の学才を買って文章の代作を依頼したりしており、道真も基経を頼ることがあったそうです。政務に対する基経の態度を道真が諌める、ということもありましたが、それも懇意であったからこそできたと考えられるそうです。基経の息子で道真を排斥したとされる時平にしても彼との関係が険悪だったという形跡はあまり見当たらず、道真失脚の原因は別のところにあった、と著者はみています。ううむ、勉強になりました。