メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

 「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」(谷尻かおり:著 日経BP社)、読了。

 なんの因果か、数学の知識がいろいろ必要になってきました。でも、数学なんて勉強したのははるか昔。復習のために買ってみました。せっかくの長期連休中にお勉強ですよ、お勉強。

 内容はベクトル、行列、集合、確率、統計、微分、積分など。考えてみたら高校の時に選択してなかったので、ベクトルと行列は復習じゃなくて初めてだったわ、ハッハッハッ。

 説明は平易ですが、高校数学のやり直しとしては中身足りてんのかしら? 「Pythonで」とありますが、学習にあたって Python を使う必然性があまり感じられません。どうも中途半端です。高校数学で出てきた計算などをコードに記述する場合にはどうしたらよいか、という場合にはそれなりに参考になりそうでもありますけど。

 CGの計算にベクトルや行列が使われるとは、初めて知りました。まあ、わたしはCG、やんないけど。