メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 遅すぎだけど、聴かないままよりはマシか

XO

 今回は新規開拓。Elliott Smith の1998年のアルバム、"XO" です。

 Elliott Smith 、名前はずっと前から知っていたんですけどなぜか聴く機会がありませんでした。先日、ネットラジオで流れたいい感じの曲が彼のものだったので、聴いてみることに。って、このアルバム、もう20年も前じゃん! しかも、彼、とっくに亡くなっていたんだな・・・(2003年没)。

 1曲め、冒頭のアコースティックギターと彼の声の内省的な響きから、「フォーク系シンガーソングライターかな」とも思いましたが、聴き進むとアコースティック色は濃いものの、ポップなメロディが効いている丁寧な仕上がりのロックでした。印象は、そう、「沈んだ雰囲気の Crowded House 」。Elliott Smith はアメリカの人ですが、あまりアメリカっぽさは感じません。

 もう一つ印象に残るのが、彼の柔らかで優しげな声。なんつーか、「たおやか」という表現を使いたくなるような歌声です。本人、むしろライブでバンドの音に負けてしまう自分の声質を気にしていたっていう話もあるんで、皮肉ではありますが。

 もっと早く聴けばよかったな。