メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 習作のように感じてしまいました

The End Of The Beginning

 また、God Is an Astronaut を聴いてみました。"The End Of The Beginning" 、2002年のデビューアルバムです。前に聴いたのは2作めなので、その1作前ってことになります。

 基本的にその2作め "All Is Violent, All Is Bright" と同じ路線の作品と言っていいと思います。この2作の曲をまぜこぜにしてかけられたら、どっちの曲だったか判別するの難しいかも。ただし、迫力や緊張感は "All Is Violent, All Is Bright" よりだいぶ落ちるという感じです。同じ路線で質的に落ちるとなると、やはり印象は薄くなってしまうわけで・・・、逆順で聴いたのがマズかったかな? まあデビューアルバムなんだし、しょうがないか。

 ふと思ったのは、この人たちって、ポストロック版の Vangelis なのかもって。