メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

一昨日の行楽

 日曜日(9月16日)はサッカー観に行こうと思って、なでしこリーグの日程表を確認したら、「ひたちなか市総合運動公園陸上競技場」という聞き慣れない場所でベレーザとノジマステラの試合が組まれていました。

 ベレーザは東京、ノジマステラは神奈川がホームなので、「妙なとこで試合やるのね」とひたちなか市の地図を見ていたら、となり町の大洗町に水族館のアクアワールド大洗があることに気づき、ひたちなか海浜鉄道というローカル鉄道にも心ひかれて、つい茨城まで行ってまいりました。

 試合は16時からということなんで、午前中に水族館を見てこようとがんばって朝4時起き。東武伊勢崎線から常磐線に乗り継いで8時前に勝田駅に到着。ここでひたちなか海浜鉄道湊線に乗り換え。

ひたちなか海浜鉄道のフリー切符

 ひたちなか海浜鉄道の勝田駅に同居しており、JRのホームとの間に中間改札と切符売り場がありました。終点まで往復するなら安くつくというのでフリー切符を買ってみました。

ひたちなか海浜鉄道のディーゼルカー

 待つこともなく1両だけのディーゼルカーがやってきまして、折り返し。乗客は十数人くらい。定刻8時8分発。

那珂湊駅・1 那珂湊駅・2

 田園地帯を抜け、15分ほどで沿線の中心駅らしい那珂湊駅に到着。この駅で電動アシスト付き自転車が借りられる(1日千円)というので、それでアクアワールド大洗へ行こうと下車。

那珂湊駅で借りた電動アシスト付き自転車

 自転車は駅の外ではなく、改札の中に並べられていました。駅員さんに声をかけて1台借り、ついでに1割引になるというのでアクアワールド大洗の入場券も買い、出発。

海門橋から見た海

 駅から7,8分で市町境の那珂川を海門橋で渡り、さらに数分でアクアワールド大洗に到着。いや、千円はちょっとお高い感じもしたのですが、電動アシスト付き自転車は便利です。那珂湊駅からアクアワールド大洗へはバスも出ているのですが、本数は少ないし、といって徒歩で行くには少し距離もあるところなので自転車だとちょうどいいです。那珂湊駅から行くならオススメです。

アクアワールド大洗・1

 9時ぐらいに着きました。ちょうど開館の時刻。連休中とはいえ朝一なら空いているだろうと思っていたのですが・・・、甘かったです。高校生の団体が来てたりしまして、けっこうな混みよう。おかげでイルカショーは毎回開演前に満席で、見られませんでした。

アクアワールド大洗・2

 おまけに4時起きがたたって、いた時間の半分はベンチで寝ていたという・・・。でも、展示は充実していて満足。エトピリカ、かわいかったしね。

アクアワールド大洗から見た海

 お昼に外へ出ると、駐車場は満車状態で行列作ってました。その脇を抜けて海岸沿いを港方面へ。途中、大洗磯前神社の前を通りかかったので参拝。平安初期の創建ですと。

大洗磯前神社

 さらに進んでめんたいパークという謎の施設に行き、明太子のジャンボおにぎりで昼食。そこからひたちなか市へ戻りました。

めんたいパーク

 まだ時間があったので、那珂湊おさかな市場というところへ。お寿司でも食べられればいいなと思っていたのですが、こちらもすごい混雑、駐車場も満車状態で周辺道路が渋滞してました。お寿司屋さんも大行列で諦めました。行ってみようかと思っていらっしゃる方は混雑期は避けたが無難かと。とりあえずハナダイの干物、6尾400円を買いました。

 14時に那珂湊駅に戻って自転車を返却、14時13分の列車で終点へ。

阿字ヶ浦・1

 10分ほどで終点・阿字ヶ浦に到着。終着駅ですが駅前にはお店も見当たらず、閑散として寂しい感じ。

阿字ヶ浦・2

 ここから徒歩で総合運動公園へ(注:普通は徒歩で行く距離ではありません)。暑いなか、他に通る人もほどんどない道を30分以上かけて着いた公園では、サッカーの試合が開催されるような雰囲気がまるでなし。あわててスマホで確認してみると、総合運動公園ではなく3kmほど離れたひたちなか市那珂湊運動公園の方に来てしまっていました。

 しかたがないので、さらに歩き、ようやく総合運動公園陸上競技場に着いたのは16時の試合開始10分前。

ひたちなか市総合運動公園陸上競技場・1

 サッカー専用の競技場ではなく、陸上のトラックが併設されていてピッチまでの距離が少しあるのですが、新しめのメインスタンド(芝生席は使用せず)は傾斜があって見やすかったです。お客さんの入りはどちらのホームでもないことを考えると上々。ノジマステラのサポーターがかなり来てました。

ひたちなか市総合運動公園陸上競技場・2

 試合は前半は拮抗していたのですが、後半はベレーザが自力の差を見せつける形で圧倒、3−0で勝利しました。ノジマステラが勝ってくれた方がリーグが混戦になって面白くなるところだったので、ちょっと残念。

 帰りはバスで勝田駅へ出ようと思ったのですが、バス停が遠い! 10分以上歩かされました。加えてバスの本数が少ない! 30分以上待たなければならない、というので、阿字ヶ浦駅に徒歩で戻ることにしちゃいました(注:普通は徒歩で行く距離ではありません)。いや、待ってた方が結局早いのはわかっていたんですけどね・・・。

 街灯もろくにない暗い夜道を歩くこと、50分。阿字ヶ浦駅に戻って、19時18分発の列車で勝田駅へ。そこから往きと同様、常磐線〜東武伊勢崎線経由で、帰宅したのは23時前。疲れました〜。