メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

横浜駅周辺の駐輪場

平日の昼の横浜駅西口第六自転車駐車場の状況

 横浜で暮らすようになって5ヶ月経ち、だいぶ慣れてきました。

 わりと暮らしやすいところだと思っていますが、困ることも。

 その一つが横浜駅周辺の駐輪場ですね。ないわけじゃないのですが、利用者数に比して圧倒的に足りてないという印象です。上の写真は平日の昼の横浜駅西口第六自転車駐車場の状況。ここ、横浜駅から500メートルほど離れていて、そんなに近くもないんですが、こんな感じです。管理人さんにお話をうかがうと、朝9時前には満車状態になるとのこと。他にも一時預かりの駐輪場、あるにはあるんですが多くはないし、どこもこの時間にはいっぱいで・・・。横浜駅東口第二自転車駐車場は空いていることが多いのですが、西口から行くのは大きな駅の反対側なのでけっこう時間がかかります。

 じゃあ、使わない時はもったいないけど、定期預かりをお願いしようと、管理人さんに申し込み方法を尋ねると、「う〜ん、どこもいっぱいでね、場所にもよるけど、空きが出るまで早くて3ヶ月、遅くて2年くらい待つよ」と言われました。2年・・・。一応、申し込んで3ヶ月は経ってると思いますが、まだ連絡はありません。

 わたしの地元、草加や八潮とは駅の規模が全然違うので当然なのかもしれないですけど、申し込めばすぐ預かってもらえるもんだと思っていたので、少なからずショックでした。

 実は駐輪料金自体は横浜、わりと安いんです。市営の駐輪場は一時預かり24時間80〜100円なので(定期預かり一ヶ月1500〜2000円)。でも、安くても駐められないんじゃしょうがない。多少駐輪料金上げてでも増やしてほしいところなんですが。

 ついでに言うと、横浜駅周辺は道路も交通量が多い上に路側帯が狭くて自転車にはかなり走りにくいところです。

 そんなこともあって、わたしのような自転車が頼りの人間にとっては少々厳しい街です。

 しかし、これは計算違い、参ったなぁ・・・。