メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日のマンガ

私のともだち

 「私のともだち」(那州雪絵:著 新書館)、読了。

 長く続いた「魔法使いの娘」シリーズが終わってしまって、描くのが速い人ではないし、なかなか次の単行本は出ないかなと思っていたら意外と待たずにすみました、那州雪絵(新連載も始まるらしい)。

 今回はホラー短編集ということです。「魔法使いの娘」シリーズと地続き、という感じの作品ばかりです。というか、「魔法使いの娘」シリーズでは使いにくいような話を独立させた短編を集めた、という気がします。

 作者のコメントにもありますが、い〜や〜、居心地悪い、悪い。コワイっていうよりそちらの印象が圧倒的に強いです。他の作品では笑える描写も多い作者ですが、今回はそちらの要素はほぼゼロ。那州雪絵の暗黒面に焦点を絞った作品集です。

 正月早々、読むものではないような気が(苦笑)。好きな人は好きでしょうが、こういう出口が見当たらない鬱な雰囲気が苦手な人ははなっから近づかないほうがよさそう。あなたはどちら? わたしはけっこう・・・、グフ。