メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日のご飯

炊きあがった玄米ごはん

 なんとなく玄米を買ってみました。スーパーで買い物してる時にふと、「玄米のご飯って、食べたことないんじゃなかったけ?」と気がついたからです。

 帰ってから念のためネットで調べたら、「玄米の炊飯にはコツがいります」だって。あれれ。白米のように研ぐ必要はないらしいんですが、白米より長時間(一晩とか10時間以上とか)水につけないといけないとかなんとか。

 「めんどくせーな」と思いましたが、幸いウチの炊飯器は玄米炊き対応だった(いつも白米炊くのにしか使ってなかったので、そんな機能があるとは知らなかった・・・)ので、水には10時間位つけて、後はその機能にお任せすることにしました。

 炊きあがったら15分ほど蒸らしてから、底からよく混ぜてお茶碗によそったのが上の写真です。

 「マズかったらどうしよう・・・。食えないからって、残ったの捨てるのは日本人として・・・。」などと不安を感じながら口に入れたのですが、「ん、これはこれでうまいわ。」という感じでした。

 たしかに白米とは少し香りが違いますし(軽く炒めたような)、口当たりも細かい粒が残るような感じはあるのですが、わたしはほとんど気になりませんでした。「ボソボソする」というのはよく聞く話ですが、今回は水が多すぎたのか、むしろベチャッとやわらかめでした。

 ちなみにコメの品種は秋田産のあきたこまち。新米でした。ふだん安いコメばっかり食ってるから、おいしく感じたのかも。それとも炊飯器のおかげかな。

 いつもと同じ2杯食べたのに腹にドカッとくる感じが、味よりむしろ違和感だったかも。腹持ちはよさそうですね。

 2kg無駄にせずにすみそうでよかった。