メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 今回はジャケ写のイメージに近いかな

LAST WALTZ

 久しぶりだなぁと思ったら、アルバムとしては ”SEVEN IDIOTS” 以来の新作になるそうです、world’s end girlfriend 。6年以上、間が空いちゃったのね。去年出た "LAST WALTZ" です。

 前作が躁状態のいかれサイバーみたいな音だったのに対し、スピード感が大幅に減退した本作はストリングス系の音が多用されていて抑鬱・耽美寄りというか。かなり路線が変わりました。評価、分かれそうな感じ。悪くはないとは思いますが、印象の強さでわたしは前作の方が好みかな。

 前作同様、基本インストゥルメンタルですが、1曲だけ普通の歌物があり(”in Silence / in Siren”)、KASHIWA Daisuke の "9 Songs" に全面参加していた女性 piana がボーカルで、これが一番好き。