メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 未知の混沌

World Of Gypsies

 また、よくわからないCDを買ってしまいましたよ。"World Of Gypsies" という2000年に英国で出たコンピレーションで、タイトル通りジプシーの音楽を集めたもの。15曲収録。解説がついていますが、英語とドイツ語なんでよくわかんない・・・。

 ジプシーの音楽つーと、日本で有名なのはやっぱり Gipsy Kings でしょうかね。時代劇の「鬼平犯科帳」のエンディング。こん中には入ってないけど。

 ジプシーという言葉はヨーロッパの移動民族全般を指す総称なのだそうで、実は様々な起源を持つ複数の民族が含まれるのだとか。一応、出身地域の記載がありまして、ハンガリーやセルビアといった東欧地域が多いのですが、他にもスペインやエジプト、インドなどもあって、ほんとに様々。

 音楽性も出身地域に左右されるのか、インドっぽかったりイスラムっぽかったりスラブ風だったり様々。共通性、あるような、ないような・・・。いわゆる西欧音楽とは別の系統だというのはよくわかりますが。ふだん聴かないような音楽ばかりで、新鮮といえば新鮮。

 Roby Lakatos の超速弾きのヴァイオリンには圧倒されてしまいました。かっちぇー。