メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 霧のような

Laideronnette

 今回は「なぜ買ったのか、忘れてしまった」シリーズ。Matryoshka 2012年2枚目のアルバム "Laideronnette" です。Matryoshka は2006年結成の日本の男女二人組。

 ジャンルとしてはポストロック・・・、う〜ん、「ロック」と言ってしまうと、もう違うよな、この音は。ロック的な音ではないから、読む人に誤解を与えてしまう。アンビエント・ポップかな? そんなジャンルあったっけ?(作んなよ) MONO に近い感触はあるんですが、メンバーの女性のボーカルが入るし、MONO はロックの文脈で語れそうですが、こちらは関係ないとまでいわないけど、かなり遠いです。

 ピアノが印象的な曲が多く、ストリングスも多用されます。静謐、幽玄といった形容が似合う淡い色調です。歌詞はすべて英語で、ボーカルの声はささやくよう。この歌がまた自己主張低めで、楽器演奏の中で埋もれて消えていっちゃいそうです。なんというか、森の中から途切れ途切れに聴こえてきそうな音楽(意味不明)です。

 美しい音ですが、正直、印象薄い・・・。

 "Niedola" の終わりのアレは、昔のファイナル・ファンタジーの効果音では?