メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

源頼政と木曽義仲

「源頼政と木曽義仲」(永井晋:著 中央公論新社)、読了。

 副題は「勝者になれなかった源氏」。清和源氏の流れをくみ平氏政権に抵抗して兵を挙げたという点では同じながら、最終的に鎌倉幕府を開いて武家支配の礎を築いた勝者・源頼朝とは対照的に、悲劇的な敗死に至った二人の武将・源頼政と木曽義仲を描きます。

 頼政は後白河院の子・以仁王とともに平家打倒のために反乱を起こして滅びたと一般には理解されていますが、著者はもともと両者に挙兵するつもりなどなく、むしろ幼少の安徳天皇を擁して有力な皇位継承候補になりうる以仁王を警戒していた平家側が、誤解もあって以仁王逮捕に踏み切ろうとしたことがきっかけであったと考えています。おもしろい見解です。

 これ以外にも頼朝が流された伊豆が頼政長年の知行国であったことや義仲の異母兄・仲家が経緯不明ながら頼政の養子となっており養父とともに挙兵していたことなど興味深い指摘があり、ともすれば頼朝や義経、あるい平家中心になりがちなこの時代について、別の視点を提供してくれます。