メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー ジャンルは不明です

9 Songs

 またネット試聴でよく知らん人のCDを買ってしまいました。KASHIWA Daisuke 、2014年の6枚目のアルバム "9 Songs" です。

 この KASHIWA Daisuke という人(漢字では柏大輔と書くそう)、本人サイトのプロフィール見てもどうゆう人なのか、よくわかりません。

 音を聴いてみると・・・、エレクトロニカ? アンビエント? ポストロック? みたいな感じです・・・。まあ、ジャンル分けなんてCD屋さんが商品並べるときには重要でも、演っている当人にはどうでもよいことなのでしょうけど。でも、こうやって言葉で説明する時はジャンル分けできる音楽の方が楽だよね(笑)。

 というと、実験的な音楽のように思われそうですが、意外にポップでわかりやすいです。音はテクノロジーをバンバン採用してそうで現代的だけど、感性は華奢で可憐で儚いものを愛でてそうな日本風(笑)。派手めの曲でも脂ぎってなくて、あっさりしているところがさらに。

 ボーカルでゲストの女性がほぼ全編参加。これまで日本のポストロック系の音楽をいくつか聴いて思ったことなんですが、やっぱりボーカルが入っていると親しみやすさが全然違うんですよね。

 で、その女性ボーカル piana は時々アニメの声っぽくも聴こえる(CM等で歌っていることもあるそうです)透きとおった高音。ゲストということもあるのでしょうが、感情表現は控え目(歌詞棒読みとは違います)でボーカロイドっぽくもあり、歌というより音を聴かせる楽器の一つとして参加という感じもあります。好みかどうかは分かれそうですが、演奏にあっていてわたしはけっこう好き。"Lilac" がよいです。

 これもアタリかな。