メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

アイヌ学入門

 「アイヌ学入門」(瀬川拓郎:著 講談社)、読了。

 著者は現在、旭川市博物館の館長を務めるアイヌ研究者。

 アイヌ民族の通史ではなく、民族学の概説書的なものでもありません。

 いくつかのテーマについて、現在までのアイヌ研究の成果をまとめて一般向けに紹介したもの、という感じで、周辺地域の民族(特に本州側日本)との関係を重視した内容になっています。

 あくまで「入門」なので、これでアイヌ民族の文化・歴史全般をつかむのは無理ですが、縄文人とのつながり等興味深い話題が取り上げられているのに加え、出版されたのが今年と新しいので紹介されている知見も最近のものが含まれているのがよいです。