メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー やっぱり熱が足りない

No Sound Without Silence

 再び The Script です。2014年の "No Sound Without Silence" を日本盤(今年1月の東京でのライブ6曲を収めたボーナスCD付)で。

 去年発表された時、すぐ買おうかとも思ったんですが、"#3" みたいに後で特別盤が出るんじゃないかと少し待っていたらやっぱり出ましたね。

 う〜ん、あいかわらず美メロでいいんですけどね、ちょっと物足りないなぁ。ヒップホップ色がかなり後退したこともあって、Coldplay 臭が強く出過ぎているような気がします。ストリングスがなんか邪魔な気がしてきた。どっか行け。もっと血の気の多いところを見せてほしいんだ。

 でも、彼らの曲でわたしが一番好きな "Moon Boots" がオマケ扱い("#3" 特別盤のボーナスディスク収録)だったように、そういうのはいわば余技に過ぎず、ファンの本流もあまり求めていないんだろうか?

 アルバム最後の曲 "Hail Rain or Sunshine" はちょっとアイルランド伝統音楽風になっていて新展開? おもしろい感じですが、次にこの路線でアルバム1枚作るというのもなんか違う気がしますし。う〜ん。

 日本盤ボーナスCDはまずまず。彼らはスタジオよりライブの方が良いような気がします(ただし、これも "#3" 特別盤のアイルランドでのライブの方が地元の熱気に乗っている感じで明らかに優ります)。いっそライブアルバム作るってのはどう?