メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 鳥だ!(何の鳥だ?)

From Bamako To Carencro

 ジャケット買いです。この鳥が気に入りました(笑)。BeauSoleil avec Michael Doucet の2013年のアルバム "From Bamako To Carencro" です。以前にも取り上げている BeauSoleil ですが、今回は名義に avec Michael Doucet が追加されています。avec はフランス語で、英語の with にあたる単語らしいです。Michael Doucet は BeauSoleil 結成当初からのメンバーで、以前からこの名義でもしばしば活動していたらしいです。

 1970年代から活動しているバンドなので、このCDのメンバーの写真を拝見しますと皆さん、かなり年季の入ったご様子で・・・、にもかかわらず音はちっともジジむさくありません。むしろ若々しさすら感じます。

 分野でいうとケイジャンのバンドでして、それらしくフィドルの音が印象的ですが、伝統的な楽曲を淡々と演奏するという風ではなく、結成から40年近くを経てなお新たな展開を模索中、という印象。どこか「棘」を感じさせるところも今日的というか。

 James Brown の "I'll Go Crazy" のフランス語カバーなんてのもあります。うひょぉ。