メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

その後の Ubuntu 14.04

Ubuntu 14.04 のデスクトップのスクリーンショット

 そうこうしているうちに Ubuntu 14.04 の日本語版がでました。

 早速ダウンロードしてライブDVDで使ってみました。上の画像はデスクトップのスクリーンショットです。

 ちょこっと触った程度では、洗練されてきているようではありましたが 12.04 と大きな差は感じませんでした。

 違いといえば、14.04 のダッシュボードにはアマゾンのアイコンが・・・。12.10 から採用されているとは聞いていましたが・・・。

Ubuntu 14.04 のダッシュボードのアマゾンのアイコン

 開発元も資金調達でいろいろ大変なんでしょうが、やっぱり気に入らないですね。

 ウチのデスクトップ機のOSの更新については、5月末に出る予定という LinuxMint の新版と比較してからにします。

 それと Ubuntu 14.04 の Ruby2.0 の件の続報です。

 Ubuntu の開発コミュニティにバグ報告があがっていたのですが、今日現在の状況としては「14.04 では修正せず、次期版で修正」となっています。

 これはちょっと・・・。update-alternatives で切り替えられるようにしてくれればいいのに。

 この状況が変わらないのであれば、そのままパッケージの Ruby2.0 を使うか、自分でソースからコンパイルするか、Brightbox というイギリスでクラウドの運営やってる会社が Ubuntu 用に独自にコンパイル・提供しているパッケージを拾ってきて使うか・・・。

 Ubuntu と Brightbox のパッケージそれぞれで環境作って、Sinatra が動作するところまで確認して、どちらでもいけそうな感触はあるんですが・・・、う〜む、悩む。