メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー らしいベスト

Anthology: The Essential Crossexion

 最近うわさを聞かないけど元気なんスかね、Ron Wood ? The Rolling Stones 最年少とはいえ、彼もとっくに60代だからな・・・。というところで2006年の2枚組ベスト、"Anthology: The Essential Crossexion" です。

 1枚目は1975年のファースト "I've Got My Own Album To Do" から2001年の "Not For Beginners" までのソロ作品からの曲(2曲未発表曲あり)で構成されています。

 まず冒頭の "I Can Feel The Fire" がノリ一発で作っちゃった感満載で、なんか笑えます。歌詞、安直過ぎない? ソロなのにゲストの Mick Jagger のボーカルの方が目立ってるってさあ・・・。さすがですな。

 予想通り、陽性でお賑わしい曲が並んでいますが、意外だったのはソウル寄りの曲が多いこと。Faces 時代の作品や "Mahoney's Last Stand" ではあまり表に出ていなかった傾向ですね。元気よくギター弾きまくっていても、ギタリストの自己顕示欲のようなものをあんまり感じないのは彼の個性でしょうか。

 2枚目は彼が所属したグループの作品。The Birds(アメリカの The Byrds ではありません!)、The Creation 、The Jeff Beck Group 、もちろん Faces に The Rolling Stones と、なぜか Rod Stewart のソロからも・・・。いい加減というかサービス精神旺盛というか、このあたりも彼らしいのです。

 The Birds の "No Good Without You Baby" はもろ Small Faces 風で微笑ましい。彼は元々 Small Faces のファンだったとか。Rod のソロはちゃんと聴いてこなかったんですが、"Every Picture Tells A Story" がいいな。この曲のバックコーラスに Ronnie Lane が参加しているという情報もあるのですが、全然判別できないです・・・。

 なお、このCDでの表記は Ron Wood ではなく、Ronnie Wood になっています。ソロでも作品によって違うんだよね。なんで?