メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

昨日の映画

少女は自転車にのって

 久し振りに映画を観てきました。「少女は自転車にのって」、サウジアラビアの映画です。珍しい。しかも監督は女性です。

 サウジアラビアの10歳の少女・ワジダ。今、自転車が欲しいのだが、イスラムの戒律を厳格に重んじるこの国にあっては女性が自転車に乗るのは非常識。母親にねだっても買ってもらえない。それでもあきらめない彼女があの手この手でお金を貯めてなんとか手に入れようとしていたころ、学校でコーランの暗誦コンテストが行われることになった。優勝者には賞金が出る。賞金を獲得すれば自転車が買えると意気込むワジダ・・・。

 ストーリー云々よりサウジアラビアの人々の暮らしぶりがとても興味深く、見所満載です。あんまり書くとネタばらしになってしまいますが、例のイスラム圏伝統の衣装の下はジーンズにTシャツだったり、ゲーム機でコーランの勉強ができるソフトがあったり、ワジダの同級生が結婚(日本なら小学生ですよ!)したり。

 サウジアラビアは中東の大国ですが、その割には情報が少なくてかの国の一般の人がどんなんだかよくわかりません。まして表にほとんど出てこない女性方については想像すらしようがないという感じだったのですが、あれ、意外とウチらと変わらんのでは・・・? 特異な人々という先入観をもって観ると拍子抜けします。もちろん生活習慣などは日本と大きく異なるところが少なくない(そこがおもしろい)のですが、結局喜怒哀楽はどこの国の人でも大差ないのだなぁと感じます。

 また主人公のワジダが、アラビアのど根性娘というか前世はナニワのあきんどかっていうくらいに個性的で楽しいです。どこの国でも女性はか弱いんだか、たくましいんだか。

 実は時間つぶしのつもりで大して期待もせずに観に行ったのですが、失礼しました。これはいい映画です。興味のある方はぜひ。

 ちなみにワジダが欲しがっている自転車の値段は800リヤル(サウジアラビアの通貨)となっていますが、現在のレートで1リヤルは27〜28円だそうなので、日本円では22000円くらいかな。