メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

先週の買い物

 Eee PC 701 SD-X 、壊れてしまいました。先月のことです。

在りし日の Eee PC 701 SD-X

 完全に衝動買いで入手したときは「買ったはいいけど、これ、何に使うんだ?」と自問自答してしまったようなものでしたが、各種テストやデスクトップ・サーバー両機の一時代替用、あるいは出張・旅行時のお供にと、購入時には思いもしなかったくらい活用しました。

 安物でしたし、購入から4年も経っているので壊れたのはまあしょうがないのですが、ないと何かと不便で代わりが欲しくなりました。

 そんな時に勤務先の近くの大手電器量販店で格安のノートPCが数量限定販売されるという情報が! 抽選販売だったもので早起きして並んじゃいましたよ(余談ですが、抽選販売には必ず姿を見せるという噂の外国籍と思しき方々が、やはり列の先頭に数名おられました)。無事抽選に当たって購入したのがこれ、ASUS VivoBook X202E-CT3217 です。税込34,800円也。

ASUS VivoBook X202E-CT3217

 う〜ん、正直言ってもっと低性能でいいから、代わりに 701 SD-X くらい小型軽量で廉価で出先で壊れても悔いなしっていうのが欲しかった。タブレットに押されてか、いわゆるネットブックがほぼ姿を消してしまった現在ではノートPCとしてこれでも最廉価レベルなんですが、わたしの用途では良くも悪くも高級すぎるかも。これは自転車旅行には持っていけないな・・・。

 作りは 701 SD-X とは雲泥の差があり、とてもしっかりしていてパッと見では最廉価クラスとは思えません。あまり重い処理はさせないわたしにとっては性能も十分。その意味では満足しています。

 インストール済みの Windows 8 の操作はそこそこに、内蔵ハードディスクのパーティションを調整して Linux を入れてみたのですが、うまく起動しませんでした。従来の BIOS に代わって採用されている UEFI が関係しているらしいのですが、まだこちらの学習が追いついておらず対応できず。しかたがないのでUSBメモリに入れてみました。こちらは成功。いつも Ubuntu では芸がないので今回は Linux Mint にしてみました。

 せっかくのタッチパネルが使えないのは残念ですが、すっきりしたデスクトップで良い感じです。前回 Ubuntu を入れ直した時、こっちにしとくべきだったな・・・。

上がX202Eで下がZSB-IBH001BK

 ついでにバッグも買いました。エレコムの ZSB-IBH001BK というものです。

 エレコムの対応表に本機は入っていなかったのですが、サイズはあつらえたようにぴったりでした。実売価格1,000円ほどと安いですし、買っとくと持ち出しに便利かと。