メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 圧倒的大所帯

Forgiveness Rock Record

 今回はなぜかカナダのバンドを。Broken Social Scene 、2010年のアルバム "Forgiveness Rock Record" です。

 この人たちもこれ聴くまでは全然知りませんでした。じゃ、なんで買ったのかというと、Susan Voelz が自分が参加した作品の中で特に気に入っているものとして、Ronnie Lane の "Live in Austin" や MONO の "Hymm to the Immortal Wind" とともにこれを挙げていたからです。

 カナダというと有名どころでは Joni Mitchell や Neil Young とか、個人的には The Wailin' Jennys なんかを思い出しますが、そのへんとはあまり共通点はないです。Arcade Fire にはちょっと似た感触があるかな? まあ、Arcade Fire は数曲しか聴いたことないから、いいかげんですが。

 ブックレットに "Members" と記載されている人が9人。えらい多いなと思ってその下に目をやると、"Additional Members" と記載されている人が13人。さらにその下に "Guests" と記載されている人が9人( Susan Voelz はここに入っています)。・・・、どんなグループよ?

 簡単に分類してしまえばオルタナティブということになると思いますが、参加者の多さを反映してか曲調はバラエティに富んでおり、ポストロック的だったり、アンビエントみたいだったり、初期 U2 ばりのキレキレのロックだったり。加えて重層的な音の響きが個性的。

 構成からして実験的な音楽を演るグループなのかなと思われそうですし、実際そういう感じもあるのですが難解ではまったくなく、むしろポップでグループとしてのまとまりもしっかりしているのが不思議です。

 これは意外な好盤。