メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日のマンガ

ぼおるぺん古事記

 「ぼおるぺん古事記(一)〜(三)」(こうの史代:著 平凡社)、読了。

 久し振りのこうの史代です。今回は古事記のマンガ化で、天地開闢から海幸山幸までの神代を描いています。

 作者は穏やかでどちらかというと昔風な絵柄を描く人ですが、それでいながら発想はあいかわらず地味にカッ飛んでいて(古事記にチェーンソーと自転車用空気入れって・・・)、神話という分野に実に相性が良いです(笑)。

 流れはほぼ原作通り。文やセリフに現代語訳されたものを使わず、原文訓み下し調にしているのは作者のこだわりらしいのですが、これがマンガとの組み合わせで独特の雰囲気を出していておもしろい。最初はちょっと読みにくさも感じますが、解説もつけてくれているのですぐ慣れます。

 以前、青空文庫の「現代語譯 古事記」を読んだとき、延々と続く神様のお名前紹介に閉口した(しかもほとんどの神様が名前だけで何するわけでもない!)おぼえがありますが、その神様たちを一柱づつ、ちゃんと描いているのは律儀ですね。作者もかなり頭をひねって描き分けたと思いますが、絵にしてくれると不思議とイメージが湧いてきますし、それぞれ個性もあって楽しいです(かなり妙なのも多いですが・笑)。

 まん丸顔・二頭身でチョロQみたいなアマテラスがカワイイ。