メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

知られざる源氏物語

 「知られざる源氏物語」(西村亨:著 講談社)、読了。

 去年、青空文庫の現代語訳「源氏物語」を読み終えまして、せっかく大部の歴史的文学作品に触れたのだからもう少し知識を深めたいと思っていたところに見つけたので読んでみました。実際、そういうつもりで読むのにピッタリの本でした。

 源氏物語の主題とは何なのか、どのような過程で成立したのか、書かれた目的は何なのか、作者は紫式部であると考えてよいか。どの論点も楽しく読めました。もっとも源氏物語をほとんど知らない人がいきなり読んでもおもしろいものではないでしょう、当然ですが。

 源氏物語をきちんと理解するには原文で通読することが必要だという作者の主張はよくわかりますが、その気力はわたしにはありません・・・(苦笑)。