メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今さら、Windows 7

Windows 7・スクリーンショット

 ついに Windows XP も来年4月にサポート期限を迎えるという話です。Ubuntu に切り替えてからは自宅で Windows はほとんど使わなくなっているのですが、仕事では Windows とは縁が切れないし、持ち帰りにより(泣)家で必要になることもあるし・・・、と例によってウダウダ。

 こういう時、踏ん切りをつけるのはやはりお値段。今月(2013年1月)までに Windows 7 を買ってインストールすれば、Windows 8 Pro が1,200円でダウンロード購入できるというキャンペーンに乗ってみました。

 Windows 7 はネットで安いところを探して Home Premium 64bit DSP 版を9,000円弱で入手、都合約10,000円となりました。以前に比べると Windows もずいぶん安くなりました。

 で、昨日の午後から作業してさっき Windows 7 のインストールとセキュリティアップデートが終わったところです。Windows 8 は評判が悪いそうなので手には入れたものの、このまま Windows 7 でいこうかと思案中。

 ・・・それにしても Windows のインストールって面倒。7 でUSBのハードディスクにはインストールできないって注意されて、じゃあ 8 ならできるだろうと試してみるとやっぱりダメだし。しょうがねぇなとケースから出してPCの内部に付け直してもインストールできないし、あーだこーだやって、結局 Ubuntu がインストールされている方のハードディスクを外したらできたという謎の挙動を示すし。それでハードディスクを付けたり外したりしてたら、知らないうちに内部の他のコードが抜けてしまってPC自体が動かなくなって泡喰ったりして。

 やっとインストールできたなぁと思ったら、画面が変でネットにもつなげない。そういやマザーボードに添付されているドライバ類入れなきゃいけないんだっけ。

 ネットにつなげるようになれば Windows 7 の累積更新がいっぱいあって、再起動の連続。ネットにつなぐならセキュリティソフトも入れとかないと、とインストールすればこちらも再起動の嵐。

 なんじゃ、こりゃあ、うが〜。とイスによりかかれば、背もたれが折れて・・・、死んでしまいますがな。

 Windows はそういうものだとは当然知っていましたが、忘れていました(泣)。