メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

商店街はなぜ滅びるのか

 「商店街はなぜ滅びるのか」(新雅史:著 光文社)、読了。

 シャッター街という寂しい言葉が使われるようになったのはいつごろからでしょうか? あちこち旅行していると、ほんとうに商店街の元気のなさが気になります。

 日本の商店街はどのように生まれ、なぜ衰退しつつあるのか、という本。著者は社会学者で、生家はお酒屋さんだったそうです。

 商店街の歴史についての解説がおもしろいです。商店街というのは決して伝統的なものでも自然発生的に形成されたものでもなく、20世紀前半に「発明」されたものだそうです。

 ただし、分析には疑問を感じるところも。第一次世界大戦後の不況期の企業・工場の大規模化により農村出身者の都市での就業が困難になった、あるいはバブル崩壊以降の財政投融資等の公的資金の投入が商店街や地方を弱体化させた元凶、といった主張はやや説明不足の感があり、もう少し丁寧に説明してくれたらとも思いました。