メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

逆説の軍隊

 「逆説の軍隊」(戸部良一:著 中央公論新社)、読了。

 明治建軍から第2次世界大戦での敗北による解体までの旧日本軍(といってもほぼ陸軍中心ですが)の問題点を、通説に対する検証を交えながら解説。読み応えがあります。

 統帥権独立や軍部大臣現役武官制といった、制度上の欠陥だったとされる点についての著者の見解は非常に参考になります。

 それにしても政党政治の堕落が軍部の台頭・暴走を呼び、そしてそれに続いたかつての悲劇を思うと、現在の日本の状況には背筋が薄ら寒くなるような気がしますが・・・。