メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日のDVD

スローターハウス5

 「スローターハウス5」!

 もちろん、あのカート・ヴォネガットの代表作を映画化した作品です。1975年の公開。監督は「明日に向って撃て!」のジョージ・ロイ・ヒルです。うおぅ。

 自分の人生の様々な時点を行き来する時間跳躍者・ビリー・ピリグリムの体験を、ヴォネガット自身が遭遇した第2次世界大戦時のドイツ・ドレスデン爆撃を絡めて描いたもの。

 映画向きの小説だとは思えないのですが、そこはさすがジョージ・ロイ・ヒルで、原作の雰囲気と唐突な展開をうまく取り込んで映像化に成功しています。原作を読んでいたわたしにとっては満足できるデキです。

 しかし、原作を読んでいない人が予備知識なしにこの映画を観たらどうでしょうかね・・・。脈絡が見えにくい場面転換の連続に、「ワケわからん!」で終わってしまいそうな気が、とってもするのですが。